時間が迫~る 気は焦る~ゥ~♪ 1979年発売の大ヒット玩具「アスレチックランドゲーム」が令和に復活 ! コースもお値段も当時のまんま!?

おはこんばんちはです。昭和50年男向け「S50ニュース!」をお送りします。

“アスレチックランドゲ~ム♪” とズバリ商品名を歌い上げ、ストップモーションアニメの銀のボールたちが “こんなハズでは…なかったに~” とシメるCMを覚えている人も多いのでは…? てなことで今回ご紹介するのが、昭和のアナログゲームが令和に復活!というニュース。初代「アスレチックランドゲーム」はトミー (現タカラトミー) から1979年に発売、約3年間で40万個以上も出荷されたという大ヒット商品。ファミコンの登場前ながら、FLのLSIゲームや「ゲーム&ウオッチ」など、電子ゲームも次々登場して大人気だった時期にその数はやはりスゴイ! それだけ当時の子供たち… まさに昭和50年男世代のハートをワシづかみにしたんでしょうね~。
 
かく言う筆者も、確か弟が買ってもらったのをよく遊んでまして。池の上の2本の金属レーンを渡るところがやたら難関だったのを覚えております。開閉のタイミングが微妙で、ちょっと油断するとすぐにボールが落っこちちゃうんですよねぇ。
 
  
…と、毎度のことで前置きが長まりましたが、現在のタカラトミーから今回復活となる令和版は、初代から遊び方やコースの変更はなく、ちょっと対象年齢が下がった?ような印象もありますが、デザイン的にも当時の雰囲気を踏襲。
 
しかも、できるだけたくさんの方に遊んでいただければ…ということで、当時と同じ3,000円 (税抜・希望小売価格) という価格設定! 同じく ’79年発売の同期で、ずっと10円でがんばってきた、やおきんさんのうまい棒も今年の4月から泣く泣く12円に値上げ… という世知辛い今の世の中で、当時からお値段据え置きとは、なんともウレシイじゃあ~りませんか!?
 
 
てなワケで、昔遊んだことのある人にとっては懐かしさ満点。小さなお子さんのいるお宅ならゼヒ、一緒にワイワイと遊んでみてほしいですね~。

遊びを通じて手先の器用さや集中力のアップが期待でき、試行錯誤しながら何度も挑戦したくなるゲーム性については東大名誉教授の汐見稔幸先生も「今の社会で必要とされる “粘り強さや諦めない心=レジリエンス” を育むきっかけになる」とのお墨付きをくれたそうですよ~。

…とかなんとか言いながら、子供よりもこっちの方が夢中になっちゃったりして? (笑)
 
   
タカラトミー公式YouTubeチャンネルの「タカラトミーチャンネル」では、初代が発売された頃の “昭和の雰囲気” にこだわったという、テレビCMや商品の公式PVも配信中。

発売は来月、2022年 3月24日 (木) …とまだ少し先ですが、気になった方はまずこちらの動画をチェックしてみては。観ればきっと遊んでみたくなるハズ…!


 

 
 

■1979年発売の「アスレチックランドゲーム」

初代が発売された1979年当時、自然の中で楽しみながら健康づくりができる “フィールドアスレチック” は老若男女に人気で、日本全国に施設が造られていました。「アスレチックランドゲーム」はそこから着想を得て、盤上でアスレチックが楽しめるアナログゲームとして誕生。盤面の手前に横一列に並べられた操作ボタンは、コース上の各アトラクション (障がい物) に合わせて “押す”、“引く”、“回す”、“縦横に動かす” など、操作する指の動きを考えてバランスよく配置されています。思わず触ってみたくなる、アスレチックらしいウッディなデザイン、何度も挑戦したくなる面白さに、日本国内ではもちろん、世界中で大ヒットとなりました。
 

■海外での商品展開について

海外では「Screwball Scramble (スクリューボール スクランブル)」という商品名で、1980年から発売。発展型の新バージョンも登場し、シリーズとして展開されてきたとか。アメリカ・イギリス・フランス・ドイツなど様々な国と地域で定番商品として楽しまれており、シリーズで年間約20万セットが出荷されているというから驚き!(「昭和トリオ」 “Web担当A” )
 
 
[以下、タカラトミー  ニュースリリース より ※2/1付]

ナウに行こう♪ 昭和に大ヒットしたアナログゲームが令和に復活!
指先のアスレチック! 何度でも遊びたくなる達成感

エキサイティングアクションゲーム「アスレチックランドゲーム」
2022年 3月24日(木)新発売 株式会社タカラトミーは、指先で楽しむハラハラドキドキのエキサイティングアクションゲーム「アスレチックランドゲーム」(希望小売価格:3,300円/税込)を 2022年 3月24日(木)から全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売り場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」(takaratomymall.jp)等にて発売いたします。
 
「アスレチックランドゲーム」は “アスレチックフィールド” にボールをセットし、ボタンの簡単な操作でボールを動かしながら8つのアスレチックを乗り越えていく、指先を使ったハラハラドキドキのエキサイティングアクションゲームです。タイマー機能を備え、試行錯誤しながら制限時間内にゴールまで集中して進む達成感が快感となり、何度も遊びたくなる商品です。

初代「アスレチックランドゲーム」は、1979年の発売以降、約3年間で40万個以上を出荷した大ヒット商品です。本商品は、当時の商品から遊び方やコースの変更はなく、デザインも当時の面影を残しています。昔遊んでいた方には懐かしく、新たに遊んでいただく方には、ゲームとともにどこか懐かしい昭和レトロな雰囲気を楽しんでいただける商品です。1人でもたくさんの方に遊んでいただければと思い、価格は当時と同じ3,000円(税抜き・希望小売価格)に設定しました。
昨今のアウトドアブームから、最近ではお子様だけでなく大人も楽しめるアスレチック施設が増え、人気を博しています。“アスレチック” のトレンドから着想を得て、おうち時間を楽しく過ごせるおもちゃとして令和の時代に復活しました。
 
遊びを通して手先や集中力を鍛えられることが期待でき、試行錯誤しながら何度もチャレンジしたくなるゲーム性について、東京大学名誉教授 汐見稔幸先生は、「今の社会で必要とされている “粘り強さや諦めない心=レジリエンス” を育むきっかけになるでしょう」とコメントを寄せてくださいました。
 
アナログゲームのシンプルなルールで当時と変わらぬ楽しさを子どもから大人まで幅広い世代で一緒に楽しんでいただけます。
 
また、発売当初の昭和の雰囲気にこだわった商品公式PVを 2022年 2月1日(火)から、タカラトミー公式YouTubeチャンネル「タカラトミーチャンネル」(www.youtube.com/user/takaratomychannel)で配信します。

■商品の特徴 ~遊び方~

◆ボタンを操作し、8つのアスレチックをクリアしてゴールを目指します。
 タイマーを使って対戦も可能です。
 

<遊び方>

ステップ①:アスレチックにチャレンジ!ゴールまで進もう!
ステップ②:スタートからゴールまで、ボールを落とさずゴールしよう!
ステップ③:タイマーが切れる前にゴールしよう!
ステップ④:タイムチャレンジ! 誰が一番早くゴールできるかな!?
 

<8つのアスレチックご紹介>

:グラグラ橋
  橋を渡り、ボールの動きを見てボタンをコントロールします。

:ドキドキクレーン
  ボールをクレーンにくっつけてゆっくり回転します。

:ワニワニ池
  レーンを引いたり閉じたりコントロールして落ちないように池を渡ります。

:ユラユラボード
  揺れるボードをコントロールして、バランスを取ってボールを運びます。

:ホップステップジャンプ
  リズムよくボタンを押して、モンキーリングをくぐります。

6:グルグル迷路
  出口を目指して迷路を突破します。行き止まりがある難易度の高い箇所です。

7:ゴーゴーロケット
  ボールをロケットに乗せたら回転してハンマー台へパスします。

8:カンカンハンマー
  ゴールゴングに狙いを定めて ボタンを押します。
 
 

■東京大学名誉教授 汐見稔幸先生のコメント

この商品を通して子どもたちはゴールを目指し、試行錯誤する場面が沢山あるでしょう。

その過程で集中力が養われ、その結果手先も器用になることが期待されます。ゴールした時の達成感は、やればできるという自信につながります。失敗しても繰り返し挑戦することで、今の 社会で必要とされている “粘り強さや諦めない心=レジリエンス” を育むきっかけにもなるでしょう。

小さい頃に手仕事・アナログの世界を沢山経験することは、その後の人生をとても豊かなものにしてくれます。この商品はそんなアナログの世界をうまく表現したゲームではないでしょうか。
 

〈商品概要〉

商品名   :『アスレチックランドゲーム』
希望小売価格: 3,300円(税込)
発売日   : 2022年 3月24日(木)

対象年齢 : 5歳~
プレイ人数: 1人~
商品サイズ: 258(W)× 150(H)× 316(D)mm
商品内容 : 本体(1)、タイマー(1)、モンキーリング(1)、ボール(2)
 
取扱い場所: 全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売り場、インターネットショップ、
      タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」takaratomymall.jp
 
商品サイト: www.takaratomy.co.jp/products/athleticlandgame
 

<読者から商品に関するお問い合わせ先>

株式会社タカラトミー お客様相談室 
TEL:0570-04-1031(ナビダイヤル)
 

©TOMY
 


 
■「昭和トリオ」SNSも展開中! フォロー&シェアでゼヒ応援を… よろしくお願いします! 
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko
 
『昭和45年女・1970年女』
 Twitter     @1970onna https://twitter.com/1970onna

 
 
※各世代向けのニュースや掲載希望の情報もお待ちしております!
 お問い合わせフォームからお寄せください。https://www.s40otoko.com/contact
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*