麻布のシェフ直伝 ! 15分で出来るドライカレーの作り方。【お料理寅さん】

15分煮込むだけで美味しくなる!
人情味あふれる麻布のオーナーシェフが伝授!
「オリジナルなドライカレー」

 
昭和の時代も令和の時代も、子供の間で不動の人気を誇るのがカレーライスだ。今回は、そのメニューを大人の俺たち向けにアレンジしたドライカレーを紹介しよう。

 “麻布のお料理寅さん” こと平野貴之シェフが教えてくれたレシピは、炒めるのみでOK!

料理の工程は簡単で、一般的なあの調味料を加えるというちょっとした気配りで美味しく出来上がり。平野シェフオリジナルのドライカレーを読者の皆さんだけにお届けします。

 
(『昭和40年男』本誌 2021年 2月号/vol.71 掲載 「お料理寅さん」
 第4回「発展途中のドライカレー」〜一国一城の主の寄り道話〜 より 再編集 )
  


 
▼調理動画はコチラ!

 
■ドライカレーとは?

ドライカレーというと、大体みんなが思い浮かべるのは喫茶店で見かけるカレー味のピラフだと思うけど、汁気の少ないカレーもドライカレーと言う。今回お届けするドライカレーは、挽肉を使ったキーマカレーに近いイメージ。

 
■材料 (人前)

・挽肉 … 500g
・タマネギ … 2個
・ニンニク … 3片
・カレーパウダー … 15g
・しょうゆ … 75g (60ml) 
・みりん … 50g (40ml)
・チャツネ … 110g
・ガラムマサラ … 10g
・バター … 20g
・ごはん、ゆで玉子、紅しょうが … お好みで

 
■調理工程

  1. タマネギとニンニクはみじん切りにしておく。
  2. フライパンにバターとニンニクを入れて弱火にかけ、ニンニクの香りを出す。
  3. ニンニクがふつふつしてきたら、タマネギを加えて中火にして炒める。
  4. タマネギがしんなりしてきたら挽肉を加えて炒め、肉に火が通ったらカレーパウダーを入れて炒めて香りを出す。
  5. しょうゆ、みりん、チャツネを加える。こげと煮詰まりを防ぐために途中で水を少量加えながら、弱火にして約15分コトコト煮込む。仕上げに香りと風味をプラスするガラムマサラを加えたら火を止める。
  6. 皿にごはんを盛り、でき上がったカレーをかけ、スライスしたゆで玉子、紅しょうがをお好みでのせたら完成。

 

■お料理寅さん流 “ひと手間POINT”

①肉から出た水分を飛ばす
▲挽肉を炒めていると、肉から水分が出てくる。これが臭みのもと。その水分が飛ぶまでしっかり炒めると臭みが気にならない
 
②しょうゆとみりんを加える
▲どちらも和の調味料だが、しょうゆのしょっぱさは塩よりもマイルドで、みりんの甘みは砂糖よりもまろやか。カレーに絶妙な甘辛感が加わる
 
③チャツネで甘みをプラス
▲フルーツ生まれのチャツネを入れると、タマネギをあめ色に炒めなくても、リンゴとハチミツを入れたようなコクと甘みが出る
 

■“麻布のお料理寅さん” こと平野貴之シェフが、
 時短でおいしくをテーマに考案

東京・麻生のおしゃれスポットに、人情たっぷりのシェフがいるという。姓は平野、名は貴之、人呼んで “ お料理寅さん” とは、この男のことだ。

今回のメニューはドライカレー。平野が一時期アルバイトをしていた喫茶店で出していたドライカレーをヒントにした、オリジナルレシピだ。材料は主に肉とタマネギのみ。小麦粉と油で固めた一般的なカレールウを使わないのでもったりしておらず、シンプルながらもボリュームある一皿になっている。

フライパンを火にかけ、バターを溶かしたら、ニンニクを入れてしっかりと香りを出す。そこにタマネギのみじん切り、挽肉を加えて炒める。

「挽肉は、牛でも、合い挽きでも、鶏でもいいけど、できれば脂身が少ないものを選ぶこと。あと、炒めた時に肉から出てくる汁は臭みがあるので、水気が飛ぶまでしっかり炒めるのがおいしさのポイントだ」

肉の色が変わり、水分が飛んだら、そこにカレーパウダー、しょうゆ、みりん、チャツネを加えよう。このチャツネとは、フルーツをベースにしたインド料理に用いられるペースト状の調味料だ。マーマレードやジャム等で代用できるが、日持ちするし、高値なものではないので1本買っておくことをおすすめする。

15分ほど煮込み、ミックススパイスのガラムマサラを仕上げに入れたら、肉々しいドライカレーの完成だ。皿にごはんとカレーを盛り、ゆで玉子と紅しょうがをお好みでトッピングしていただこう。紅しょうがのアクセントは、みりんとチャツネにより加わった甘みのあるカレーとも好相性だ。

主な材料は肉とタマネギだが、いくつもの調味料と香辛料を合わせたドライカレーは深い味わいとなる。数種のスパイスを調合したカレーパウダーやガラムマサラの奥に、まろやかなみりんの甘み、しょうゆの塩味が顔を出す。さらにチャツネの甘みが、リンゴとハチミツが溶けているあのカレー以上のコクをプラスする。たった15分しか煮込んでないとは思えない深みのある味が魅力だ。
 

 
■ “麻布のお料理寅さん” こと 平野貴之シェフ PROFILE

平野貴之 / ひらのたかゆき

昭和39年生まれ。寅さんゆかりの葛飾・柴又の隣、江戸川区小岩で育つ。趣味はプロレス観戦、特技は寅さんの口上。人情あふれるアメブロ「帰ってきたセレニータブログ」も必読!

帰ってきたセレニータブログhttps://ameblo.jp/srnt-3123/

 
■麻布のレストラン「セレニータ」で、平野シェフのイタリアンをぜひ!

平野氏がオーナーシェフを務めるレストラン「セレニータ」では、「ジャズライブ」「ボージョレ・ヌーヴォー集会」「居酒屋せれに~た」などのイベントも。詳しくは 平野氏のブログ をチェック!

住所: 東京都港区南麻布3123
TEL: 0334441223

営業時間: 12:00 13:30 (L.O) 18:00 22:00 (L.O)
定休日 : 月曜 (営業時間や休業日は変更の可能性があります)

 
取材・文: 平川 恵  撮影: 尾形隆夫
 


 
▼元の記事を読みたい方はゼヒ本誌で!
▲『昭和40年男』vol.71
▲p.112~113 連載「お料理寅さん」第4回「発展途中のドライカレー」

[関連記事]
 
■男子厨房に入らず ~大編集後記。
 
■しょうが焼きにはニンニク、ナポリタントマトソースにはみりん…?
  フライング公開!の料理動画のハナシ。明日発売vol.68で新連載開始 !!

■ブイヤベースは難しくない! “男の鍋” 感覚で作れるって知ってた?【お料理寅さん】

■絶品ドライカレーを作ろう 〜大編集後記。

 


 
■「昭和トリオ」SNSも展開中! フォロー&シェアでゼヒ応援を… よろしくお願いします! 

『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko

『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

『昭和45年女・1970年女』
 Twitter     @1970onna https://twitter.com/1970onna

※各世代向けのニュースや掲載希望の情報もお待ちしております!
 お問い合わせフォームからお寄せください。→ https://www.s40otoko.com/contact
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*