生きるエネルギー。

写真は2013年1月14日のもので、が愛する雑種犬のフリスビーキャッチの瞬間である。向かって右側の足が切れていなかったらかなりの傑作だが、まっ、素人作品にしてはまあまあではあるまいか。

 

さてこの日だが、首都圏の方は記憶にあるかもしれない。成人の日なのに大雪で交通機関が完全に麻痺して、大変な成人式になってしまったと報道各社がこぞって流した日だ。首都圏は北の住人が聞いたらびっくりするくらい雪に弱く、交通インフラが麻痺するだけでなく転んで怪我人が続出するなど、新鮮な話題を報道各社に提供する、雪は偉大なるコンテンツである (笑) 。

 

電車が動いてないんじゃしょうがないと、この日は珍しくOFFを決め込んで愛犬を引き連れて撮影会を敢行したのだ。この頃は犬猫双方飼っていた僕で、まるで歌にあるように犬は喜び庭駆け回る、猫はこたつで丸くなるのを見ながら実感したわけだ。元気にまさしく飛び回る犬から元気をもらってビールを呑んだことが昨日のことのようだ。だが、最近の弱りようには年月の流れを強く感じさせられている。この日から8年半以上が過ぎ去り、もうこんな勇姿は皆無だ。耳はほとんど聞こえておらず、目もおそらく僕の裸眼 (0.02) より見えていないと思われる。もっとも来年の1月で18歳だから、人間に例えれば80歳をゆうに超えているのだ。

 

先月はいよいよダメかと思うところまできた。早朝の散歩に連れ出したのだがとにかく歩かない。あんなに好きだった多摩川の土手コースは大幅にショートカットされて、帰宅した僕をハートブレイクするのに十分なトボトボ歩きだった。が、ご安心を (!?) 。このところ少し元気を取り戻して、以前のようにとはいかないまでも、楽しそうに歩く姿に涙ぐんだりした。

 

先日、叔母の葬儀があった。犬っころの話題から展開するのは不謹慎ながら、元気で大好きだった叔母で81歳だった。で、親族で集まったわけだがお袋階層の叔父叔母は4人が来ていて、残酷なほどに年老いていた。小学生の頃、海へ山へと連れ出してくれた元気な大人たちの姿はなく、これまた年月の流れを残酷に感じさせられたのだった。そして、僕階層も仕事人生の終了を間近にしながら、なんとか生きているといった感じでやや疲れ気味である。だがその下階層は20代が中心でエネルギーが満ち満ちていて、ここには元気をモリモリともらえた。さらにうれしいことに、第4階層を連れてきた従姪 (読みはじゅうてつ・いとこめいとも言うそうだ) がいた。1歳の彼女は葬儀後の食事会では完全に主役だった。悲しい日にもかかわらず微笑みをくれる。生とはなんとすばらしいものよ。老いてはしまったが叔父叔母も含めて、集まった20人は大いに生きているのだと感じ入った一日だった。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*