キャンディーズ衝撃の解散宣言…あの夜を44年後につないだ伊藤 蘭。9/26「野音Special !」ライブを全キャン連代表がレポート!!【前編】

[1/4]

ランちゃんを追いかけ約半世紀! リアルな記憶を交えつつ、
新たな “伝説の夜” となった日比谷野音レポートをお届け。

 
今年、2021年9月1日(水) に発売された伊藤 蘭さんの2ndアルバム『Beside you』に合わせて展開中の『伊藤 蘭 コンサート・ツアー2021 ~Beside you & fun fun ♡ Candies!~』

いよいよ今週後半、2021年10月28日 (木)・29日 (金) に東京・中野サンプラザでの公演が行われますが、これに先駆け 9月26日 (日) には、特別追加公演として「野音Special!」も開催。

こちらの追加公演については、チケット発売時に「S40ニュース!」でお知らせしておりましたが、1977年7月17日 (日)、日本中に衝撃を与えた “キャンディーズ解散宣言” の歴史的な現場となった日比谷野音のステージで、あの日以来なんと44年ぶりに再びランちゃんが歌った!ということで、開催後も多方面で話題となっていましたね。

その、新たな “伝説の夜” となったコンサートのレポートを、1973年のデビュー以来、48年に渡るキャンディーズとランちゃんの “ガチ” なファン、著述家・編集者の石黒謙吾氏が寄稿してくれました。
 
本誌編集長のようにキャンディーズが好きだった昭和40年男も、当時はまだ小中学生で、なかなかコンサートまでは行けなかったと思うのですが、4コ上の兄貴である石黒氏は、高校時代に「全国キャンディーズ連盟」=「全キャン連」北陸支部の末端会員として、金沢から全国へ実に100ステージ (!) を追いかけたとか。

その後、2008年開催の「全国キャンディーズ連盟 2008 大同窓会」の発起人になった流れから新生「全キャン連」の代表ともなった石黒氏は、その同じ年、伊藤 蘭さんへキャンディーズについては初めてとなるインタビューを敢行。その後も2019年のソロデビュー時と今年の2回、取材をしてきたといいます。
 
そんな、まさに “ランちゃんと共に” 人生を駆け抜けてきた石黒氏が、たっぷりの情報と熱すぎる情熱を注ぎ込んで綴った「野音Special!」超ロングレポート。兄貴世代ならではの、リアルな記憶のフラッシュバックを交えたオムニバス (?) 形式で、前後編としてお届けします!
 
(昭和40/50年男 “Web担当A”)
 


 
■あの夜歌えなかった “宿題” の歌が、44年後のステージに響き渡った

取材・文: 石黒謙吾
 
 
1万6142日前、このステージで泣き崩れた3人のうちの1人が立っていた。
 
あの日と同じ、日曜の夕刻。2021年9月26日の日比谷野音。 歌声も、踊りも、しぐさも、笑顔も、視線も、しゃべり方も。そのひとは何ひとつ変わっていなかった。違っていたのは、ミニスカートがドレスになったことだけ。
 
まさかこれを歌うの! …アップテンポのイントロに続いてその曲を歌い始めた瞬間、44年間終わっていなかった宿題が終わった。伊藤 蘭さんと僕たちファン、お互いにとっての宿題が。
 
森雪之丞・作詞、渡辺茂樹・作曲の「さよならのないカーニバル」。それは、1977年7月17日のラストに歌われることになっていた曲だ。しかし、スタッフも全く知らないまま突然飛び出した “解散宣言” のパニックで歌われることはなかった。まさに “さよならのない” まま、彼女はこの場所を後にしていたのだ。

Photo: Midori Kondoh
[註]筆者は常に、キャンディーズ時代の記述は全て「ラン」「スー」「ミキ」として、「ちゃん」「さん」は付けずに書くようにしています。なぜなら、当時のファンの立場で、当時話していたままのリアルな言葉で書き残しておきたいからです。女優となった後は全て「伊藤 蘭さん」「蘭さん」としています。キャンディーズについても当時のままに、多くの箇所で「キャン」という呼び方をしていますが、ご了承ください。



キャンディーズ最後のステージとなった、1978年4月4日、後楽園球場での『ファイナル・カーニバル』から、“時計を逆さに回して” 261日前。その日の東京は朝からあいにくの雨。しかし15時には上がり、全国ツアー『サマージャック ’77』のオープニングとなる、日比谷野音でのライブがスタートした。

オープニングのインストを除き、この日に歌ったのはCMメドレーを1曲と数えれば27曲。
 
出だしの洋楽は頭に大きな羽飾りをかぶったインディアンルックで歌う。全体にいつにも増して洋楽が多めのセトリ (セットリスト) で「ホテル・カリフォルニア」「ダンシング・クイーン」「サー・デューク」「イズント・シー・ラブ」「カーニバル」「愛のディスコティック」など。映画『ロッキー』のミニミュージカルも盛り込まれていた。
 
その後はキャンのヒット曲が続き、ライブ終盤の定番盛り上げ曲となっていた「ダンシング・ジャンピング・ラブ」 (森雪之丞・作詞、西村コージ・作曲、ファンの間での通称は「DJL」) へとなだれ込んでいく。
 
「DJL」終わりの大歓声。照明がいったん落ちるとMCを待つ場内は静まった。
 
ピンスポットを受けたランがなぜか大きな涙を流している。そしてこう言った。
「みなさん、今日は本当にどうもありがとう!」
 
すると3人は肩を寄せ合い、丸くなって泣きじゃくる。マイクがスーの泣き声を拾って会場にこだまする。そのままの状態で30秒。泣きながら今度は3人が横に並ぶ。
 
ラン「私たち、みなさんに謝らなければならないことがあります!」
 
 
(次ページへ続く → ■1977年7月17日… 野音に絶叫の渦を起こした、突然の解散宣言 [2/4] )

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*