【ヴィンテージアロハシャツを学ぼう… #6】ゴーギャンの版画が絵柄となった名品。

ヴィンテージアロハシャツの起源と歴史 (その6)

ヴィンテージアロハシャツの復刻を手がけるサンサーフが所蔵する、歴史的な価値が高い貴重なヴィンテージコレクションから7つのアイテムを厳選。それぞれが残した功績をとおして、アロハシャツの奥深いヒストリーをひもといていこう。
 
(『昭和50年男』本誌 2021年 9月号/vol.012 掲載
 “ファッション狂騒曲”「アロハシャツのカルチャー徹底解説」より 抜粋 )
 

[前回]
【ヴィンテージアロハシャツを学ぼう … #5】
  金メダリストで伝説のサーファー、デュークの功績で全米に広まる!

 


 
ゴーギャンの版画をコラージュした、コレクター垂涎の名品。

ブランド名: カメハメハ
所蔵:サンサーフ (東洋エンタープライズ)

 
アロハシャツをアートの域へ

カメハメハは1936年創業のカメハメハ・ガーメント社のブランド。同社は軍のサービスセンターの補助機関として小規模工場からスタート。当初は陸・海軍のためのテーラーとして稼働した。1940年代には従業員200人の大規模工場を完成させて、ゴーギャンの版画をモチーフにしたアロハシャツ「ゴーギャン・ウッドカット」など数多くの名作を残している。

▲ ゴーギャンの版画をコラージュした絵柄となっている。そして、ボタンは竹を削り出したバンブーボタン

 
ゴーギャン作の版画をアロハシャツにした慧眼

1936年は、当たり年と言えるだろう。前回で紹介したブランフリート・スポーツウェア社とはまた違った方向性で、アロハシャツに革命を起こすことになるカメハメハ・ガーメント社も創業しているからだ。同社は誕生してから3年後にミシン125台と150人以上の従業員を抱えるハワイ最大の衣料品メーカーに成長している。
 
1940年代にはアロハシャツのレジェンドとして今も語り継がれるテキスタイルデザイナーのジョン・メイグスと組んで、「ゴーギャン・ウッドカット」を発表。これはポール・ゴーギャンの版画作品をジョン・メイグスがコラージュしたデザインとなっていて、すぐれた芸術性でヴィンテージコレクターからも高く評価されている。
 
→ 次回 (その7) へ続く
 
 
取材・文: 國領磨人  撮影: 西谷圭司  取材協力: 中野喜啓 (サンサーフ)
 
掲載アイテムに関するお問い合わせ: 東洋エンタープライズ
 


  
 8月11日(水) より発売中!『昭和50年男』2021年 9月号/vol.012

→ 掲載内容については、こちらをチェック!

→ 全国の書店、オンライン書店の他、クレタ オンラインショップ でも発売中!
 


 
■「昭和トリオ」SNSも展開中! フォロー&シェアでゼヒ応援を… よろしくお願いします! 

『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko

『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

『昭和45年女・1970年女』
 Twitter     @1970onna https://twitter.com/1970onna

※各世代向けのニュースや掲載希望の情報もお待ちしております!
 お問い合わせフォームからお寄せください。→ https://www.s40otoko.com/contact
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*