我が心のジョージア。

スタンダードナンバーであり、名歌唱によってレイ・チャールズの代表曲のひとつにもなっている。日本のシンガーも多くがカバーしていて、キー坊こと上田正樹さんのカバーはやはり彼の代表曲と言っていいほどしっくりきている。歌うことにはずーっとしがみついている僕にとって、この曲とオーティス・レディングの「トライ・ア・リトル・テンダネス」は歌いたい憧れ2大ソングで、いつかかっこよく歌っている自分を夢描いているのさ。

 

エアロスミスをきっかけにして、高2くらいからRCサクセションやフェイセス、J・ガイルズ・バンドやローリング・ストーンズといった、ストレートなロックにはまった。すると彼らのルーツミュージックを掘り下げる旅が始まるわけで、どんどんブラックミュージックに傾倒していき、レイとオーティス、サム・クックなんかを聴きまくる高校3年生になっちまったのだ。さらに時を経ていくと病状は悪化して、シカゴブルースにはまりその修行の地を大阪にターゲットして移住してしまったほどだ。今考えるととっても無謀な時期だったが、どっこい人生の肥やしになっているのだから音楽さまさまである。

 

「Georgia On My Mind」の邦題が「我が心のジョージア」である。いいですな、“我が心の” というフレーズが。で、なんでこんな話を持ち出したのか。自分の作っている本に拝借したのさっ。今月23日に発売する4年目突入の総集編を、“我が心の〇〇〇〇” とタイトルした僕だ。これがすごい一冊になったと、締め切り直後の僕は興奮気味なのである。そんなすごい一冊にピンとひらめき拝借させていただいたのは、我ながらナイスなアイデアだと褒めてやりたい。

 

総集編だから、過去の『昭和40年男』で記事が多く掲載されたということだ。つぶやきにお付き合いいただいている方々は、考察を楽しんでいただきたい。「我が心のジョージア」ではジョージア州であることが後に作者より語られたそうだが、聴いているとどう考えてもラブソングで人物名である。今回の〇〇〇〇も人物名であり、文字数もこれにはめていただきたい。コロナのくそったれのせいで、夏休みを閉じこもりの方が多かろう。どうぞ、考察くだされ。この総集編、あまり好きでない表現だけど「かなり、ヤバイっす」。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*