いくぜーっ、Vol.2

2009年11月24日 プロデューサー コメント 1 件

11月24日、大安の本日、昭和40年男の第2号発刊が決定しました。パチパチパチ。いやー、熱い声援に応えるカタチでの決断に踏み切ったものの、前途に不安がないわけで...

第61話 また惨敗、苦手なんだよなあ。(5)

2009年11月23日 プロデューサー コメント募集中

 「出直してきます」もうこれ以上ここにいても戦局は悪化する一方だろうと思い、席を立った。他の取次さんもほぼ同じような反応で、またしても俺の取次交渉は失敗に終わっ...

第60話 また惨敗、苦手なんだよなあ。(4)

2009年11月22日 プロデューサー コメント募集中

 つうことで本題に戻ろう。「昭和40年生まれに限定しようと思うんですよ。私は25歳からの、とか40歳からの、とかにすごく抵抗あって。なんだかリアリティを全然感じ...

第59話 また惨敗、苦手なんだよなあ。(3)

2009年11月21日 プロデューサー コメント募集中

 データ武装に対して感覚論は不利な闘いだ。ましてやいつも、類似誌が存在しない企画ばかりで交渉するのだから。すると「それは○○と似た方向性ですよね。ちなみに…」と...

第58話 また惨敗、苦手なんだよなあ。(2)

2009年11月20日 プロデューサー コメント募集中

 ひどいセリフを浴びせられたことがある。「やめましょうよ、そんな本は」こちらは当たると思って企画して、支持されることに恥じないできにしようとするから情熱を込めて...

第57話 また惨敗、苦手なんだよなあ。(1)

2009年11月19日 プロデューサー コメント募集中

 出版業界は取次(とりつぎ)と呼ばれる問屋さんによって守られている。うちのような小さな出版社も大出版社もみんなみんなお世話になっている。俺はこの取次が大の苦手で...

第56話 銀座の打ち合わせ。(2)

2009年11月18日 プロデューサー コメント募集中

 この男とは料理に対する姿勢がシンクロする。これまでずいぶんと料理談義に花を咲かしたものである。この打合せと称した場もトマトソースと出汁の話で盛り上がり、やがて...

第55話 銀座の打ち合わせ。(1)

2009年11月17日 プロデューサー コメント 1 件

 知り合いの寿司職人に“家呑みへの招待状”のつまみのページを託すことにした。以前にも触れた「2大ベースで攻略する」というあの企画である。赤坂の寿司屋で知り合って...

第54話 奥州平泉。(3)

2009年11月16日 プロデューサー コメント募集中

 果たして将来、平泉が世界遺産に登録され年がら年中観光客であふれかえって、今回のようなゆったりとした旅ができなくなったら悲しいな。でもこれは地元で生きる人にとっ...

第53話 奥州平泉。(2)

2009年11月15日 プロデューサー コメント募集中

 よーし、せっかく海のそばだから奮発しようと寿司屋に入ったらこれが最悪で、チェーン店丸出しの味も素っ気もない店だった。すべてのチェーン店が、というわけではないけ...

第52話 奥州平泉。(1)

2009年11月14日 プロデューサー コメント募集中

 この本の仕事だけに集中できたらどんなにすばらしいだろう。と、愚痴のひとつもこぼしたくなる兼務ぶりなのである。ところがこれもいいように使えることもある。締め切り...

第51話 トマトソースと鰹だし。(2)

2009年11月13日 プロデューサー コメント募集中

 健康? カンタン? 和食?うーん、どれもありきたりだ。こういったときよく使う秘密の作戦をコッソリ教えちゃおう。“3大○○で攻略する”だ。○○の部分を考えるとあ...