如月。

2012 年 2 月 1 日 プロデューサー コメント

早いもので、年が明けて1月が過ぎた。大きな変革とステップの年と位置づけて臨んでいる平成24年は、いいスタートとなった。去年1年震災に苦しめられたことからの脱却に邁進しようとする空気が流れていて、潮目が変わった感じがある。「ネガティブ評論家たちは、そのままずっと下向いてろよ」と、そんな言葉が呑みの席で出ることが多い。相変わらず政治の混乱は見苦しいが、これもグタグタ言ってもどうにもなるものじゃない。自分たちの責務をまっとうしようとメッセージを発しているおかげか、そのまんまの元気な方々に囲まれて充実した日々だ。

 

今日も『昭和40年男』にとっては楽しみな打ち合わせが3つも入って、バタバタと追われながらであるが楽しく過ごしている。なんだかおもしろいことになりそうな音楽系とイベント系でのコラボ企画が複数入ってきていて、まだ公表できる段階にはないものの滑り出してはいる。ゴーとなったらここと誌面を使って、得意のドキュメントをお送りする。乞うご期待だ!!

 

僕自身も今年に入って潮目が変わったようだ。震災によっていろんなことを考えさせられ、仕事でも困難ばかりが続き、じつは相当病んでいた。まいっている場合じゃないぞ、頑張れと自分を奮い立たせための、自分の中へと向かわせるエネルギー放出が、強い疲労になっていた。ところがお正月ってのはスゴい。新しい年になったのだから、前進しようぜ。悪いことばかりじゃないさ、きっといいことあるさと、まるで日本全体からエネルギーをもらえるみたいだ。笑いに包まれたお正月を過ごせたから、完全に潮目が変えられたのだろう。この1ヶ月はその恩恵をたくさん感じた。さらにドカンドカンとパワフルにいこうと決意する、月の始まりってのもこれまたいいものだ。如月は、寒くて着るものをさらに増やすから衣更着とも書くそうだ。梅見月との呼び方もステキですな。ではみなさん、寒いですが今月もガンガンといきましょう!!

  1. コメントを募集しています。