ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】LEXUSのGSがフルモデルチェンジ。

【S40News!】LEXUSのGSがフルモデルチェンジ。

2012 年 1 月 29 日 編集部員 コメント


LEXUSは、GS450h/GS350をフルモデルチェンジするとともに、パワートレーンラインアップのスマートサイジング化を図り新たに開発したGS250を設定した。全国のレクサス店を通じて、GS350/GS250を1月26日より発売開始した。また、GS450hは3月19日より発売する。新型GSでは、日本発『真のグローバルプレミアムブランド』を掲げ、LEXUSの新たなステージを切り開くというコンセプトで3点に重点を置いたクルマづくりを行ったとしている。

 

その1つが、「一目でLEXUSとわかる先進かつ洗練されたデザイン」。独自のデザインフィロソフィーであるL-finesse(先鋭の意を持つLeading-Edgeと精妙の意を持つFinesseを組み合わせた造語)の新たな可能性を求め、力強い“スピンドルグリル”や、踏ん張り感あるスタイリングを採用している。また、インテリアでも、量販車として世界最大となる12.3インチ高精細ワイドディスプレイやマウス感覚の操作を実現した第2世代リモートタッチ、LEXUS初となる自発光指針のアナログクロックなど、これまで以上にデザイン性への配慮が見られる。

 

2つ目は「エモーショナルな走り」。新開発のサスペンションをはじめ、プラットフォームを一新し、走る・曲がる・止まるという走りの基本性能を重視し、高いコーナリングパフォーマンスによる走りの楽しさと快適かつ上質な乗り心地を両立したとしている。パワーユニットは、GS350に3.5LのV6エンジンを搭載。D-4Sシステムを継承している。また、GS250には、2.5LのV6エンジンを新たに搭載。変速比を最適化した6 Super ECTを組み合わせている。

 

そして3つ目は「ハイブリッドを軸とした先進・環境技術」である。GS450hに採用した次世代D-4Sシステムとアトキンソンサイクルによって、13.0という高圧縮比を持つ新開発エンジンと、FRハイブリッドを組み合わせ、さらなる進化を追求。次世代D-4Sは、筒内噴射に形状を最適化した横スリットインジェクターを採用し、燃料を高微粒子化。新高圧ポンプの採用と相まって筒内噴射の高圧化、大流量化を図り、混合気を均一、安定化させることによって、高い熱効率を達成し、パワーと低燃費を高次元で両立している。また、パワーコントロールユニットの刷新や2段変速式リダクション機構付きのハイブリッド専用トランスミッションの改良、エネルギー回生制御の大幅な性能向上など、高い加速性能と低燃費を実現しているという。

 

今後のLEXUSの方向性を象徴するクルマとして、注目に値するモデルだ。価格は510〜800万円。

カテゴリー: S40ニュース!
  1. コメントを募集しています。