ホーム > プロデューサーのつぶやき > ドリフとお楽しみ会。

ドリフとお楽しみ会。

2010 年 1 月 15 日 プロデューサー コメント

ドリフだヨ!全員集合

 

以前にも書いたが
志村けんさんが加入したときは
本気で長さんの失敗を責めたほどだった。
(1人でテレビに向かって)
「ここにいる天才お笑い少年を無視しやがって!」
だがやがて、志村けんさんの笑いの虜になっていったのだ。

 

少々脱線するが
この壮大な夢を語るのに欠かせないのが
『お楽しみ会』という存在である。
みなさんの小学校ではどのようなもので、どんな内容でした?
ぜひ意見を聞かせていただきたい。

 

俺の小学校ではこうだ。
学級会で挙手する。
「はい、北村君」
「そろそろ、お楽しみ会をやりたいと思います」
と提案すると、大概多数決になりほとんど可決した。
そして内容はほぼ毎度“出し物”をやるというものだった。

 

これで俺は徹底的にお笑いにこだわった。
合唱や手品といった芸を披露する者もいたが
俺はブレることなくお笑いだった。
3年生になった頃から6年生まで、カタチを変えながら貫いた。
女装してカツラをつけて、キャンディーズの曲を振り付でかました。
電線マンやフィーリングカップル5対5などのテレビ番組のパロディを
俺なりに加工して本気で打ち込んだ。
シンプルに漫才なんてのも、セリフを原稿用紙に書いてのぞんだりした。

 

そしてもっとも世話になったネタが
ドリフターズの
『8時だヨ!全員集合』
からのものだ。

  1. コメントを募集しています。