ホーム > プロデューサーのつぶやき > 東海道から福岡に叫ぶ!?

東海道から福岡に叫ぶ!?

2012 年 1 月 20 日 プロデューサー コメント

明日から東海道徒歩の旅に出かける。これまで晴天続きだったのに、なんでこうなるのだろう? 普段のおこないは聖人君子のごとき僕なのに、きっとキンの野郎が夜な夜な呑屋街で問題を起こしているツケが回ってきたんだな。フン、悪天候なんざに負けずに元気にいくぜ。明日未明にいつもの3人で集合して、前回ゴールだった四日市駅まではクルマで移動する。順調にいけば午前中にスタートを切り、ひたすら京都を目指して3日間歩くのだ。近隣の皆さん、合流してウォーキング&宴を楽しみましょう。行程はツイッターにてちょくちょくお届けします。

 

なんと明日は、徒歩途中にラジオ番組に生出演する。福岡をエリアに持つRKB毎日放送の午後1時からの番組『あべちゃんとし坊 こりない二人』で、電話でのインタビューを受けるのだ。ここのデイレクターの方が『昭和40年男』を見つけてくれた。また、とし坊を名乗る仲谷さんが昭和40年男だそうで、その絡みもあるようだ。様々なテーマで構成しているようで、明日の放送内の1つに男らしさがテーマになっているとのことで、僕は昭和40年男の考える男らしさをキーワードに質問が展開されるようだ。梶原一騎先生のご命日も重なるから、今回のインタビュー記事も絡んだ話になるかもしれない。電話でラジオ出演は何度も経験しているが、取材中に、しかも携帯電話で受けるのは初めてだ。ちなみに、向こうが『こりない二人なら』こっちも同様、東海道のこりない二人だ。どんな展開になることやら、楽しみだが、生放送なのがちょっと気になる。普段の暮らしから仕事にいたるまで、放送禁止用語なしでは生きていけない僕だから、くれぐれも気をつけようと今から戒めている。

 

よくよく考えると『昭和40年男』の編集長としてメディア出演するのは、すごく大きな責任を背負っていることになる(今さらなんだよ)。たとえば、オートバイ雑誌の編集長だったら、オートバイについての専門的な知識を持っているからこそコメントを求められる。これと一緒で、僕は昭和40年男の専門家みたいな立場に見られるのだから責任重大だ。下手なことをしゃべると、日本中の昭和40年男が白い目で見られることになりかねない。って、そんな大げさなことじゃないか(笑)。

 

では福岡の皆さん、ぜひ放送を聴いてご感想をよせてください。予定では午後1時15分くらいからとなっています。

 

  1. コメントを募集しています。