ホーム > プロデューサーのつぶやき > なんてったって、仮面ライダー。(3)

なんてったって、仮面ライダー。(3)

2010 年 1 月 7 日 プロデューサー コメント

なぜあれほどまでに仮面ライダーに
夢中になったのだろうか?

 

まず大きいのは、人間ベースだったことだろう。
以前にもふれたが、
ウルトラマンにはどうがんばってもなれない。
諸星団にはなれてもそれは地球での仮の姿である。
セブンは完璧な血統書つきで
しかも出身地はM78星雲、つまり宇宙だ。
東京下町の荒川区では
どうがんばっても埋められない壁がある。

 

仮面ライダーにはがんばればなれる。
今回の誌面でも写真を掲載したが
あの苦しそうな手術を受ければなれるのだ。
いざ、あの手術を受けなさいといわれて
手術台に体を預ける勇気があるかどうかは微妙だが
可能性はゼロでない。

 

幼い少年は夢を描いた。
悪を倒す正義の味方になりたい。
地球の平和を守る仕事に就きたい。
多くの男の子たちが描いた共通の夢じゃないだろうか?

 

毒蝶女ギリーラ

  1. コメントを募集しています。