ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】プラグインハイブリッドが受注開始。

【S40News!】プラグインハイブリッドが受注開始。

2011 年 11 月 29 日 編集部員 コメント

トヨタ自動車は、本日11月29日より、家庭用電源などから充電できるプラグインハイブリッドカー『プリウスPHV』の受注を開始した。発売は2012年1月30日からとしている。

 

『プリウスPHV』は、圧倒的な燃費・環境性能、量産車にふさわしい高い商品性・使いやすさ、ユーザーが納得する価格、の3点に徹底的にこだわって開発がすすめられたという。さらに通信ネットワークへの接続機能によって新たなモビリティとしての可能性をも模索しているのが特徴だ

 

新型リチウムイオン電池の採用により、電気のみで走行するEV走行距離が26.4km、EV走行とハイブリッド車として走行する燃費を複合して算定したプラグインハイブリッド燃料消費率は61.0km/Lを実現している。

 

また、人とクルマがネットワークを介して“つながる”新しいサービス「PHV Drive Support(PHVドライブサポート)」を全車に標準設定している。これはスマートフォンを通じて電池残量や充電ステーション設置場所などの情報を提供するサービスや、トヨタの販売店などに設置された充電ステーション(G-Station)を無料で利用できるサービスなど、プリウスPHVオーナー向けの5つのサービスをパッケージにして、3年間無料で提供するというもの。

 

通勤・買い物など日常での近距離はEVとしてモーターのみで走行し、週末のドライブなど中・長距離では、EV走行が終わると自動的にHV走行に切り替わる。電池残量を気にせず、安心して乗ることができるメリットがある。

 

電気自動車が今後どのように普及していくのかは、日本の産業発展にも関わる重要事項であるが、完全電気自動車普及までの間をつなぐのはこのプラグインハイブリッドかもしれない。

カテゴリー: S40ニュース!
  1. コメントを募集しています。