ホーム > プロデューサーのつぶやき > 『浮浪雲』との長〜い付き合い。

『浮浪雲』との長〜い付き合い。

2011 年 11 月 23 日 プロデューサー コメント

人生の半分以上どころか、3分の2近く購入し続けているマンガ雑誌がある。「マンガばかり読んでいるとバカになるぞ」と、親父は口癖のように言っていたが、聞く耳なんか持ち合わせちゃいない。すぐ近所に古本屋があって、発売日の翌日になると半額程度で手に入るすばらしい環境だった。マガジンやらチャンピオンから始まって、やがてヤングジャンプなどの中綴じ青年誌へと移っていき競合誌に手を伸ばし、一時は5誌くらいを読みあさっていた。ありゃりゃ、親父の言う通りバカになっちまったよ。やがてだんだんとそぎ落とされていき、現在はビックコミックオリジナルオンリーライフになっていて、それもすでに20年以上が過ぎている。

 

前号の巻頭にジョージ秋山さんのインタビューが掲載されていて、タイトルは『描きも描いたり! 浮浪雲 連載900回記念』とあった。快挙ですな。昭和48年に連載が始まったとのことで、さすがに初回から読んでいる昭和40年男はいないだろうが、僕自身はおそらく700話前後を読んでいることになる。『あぶさん』と共に、僕にとっても快挙ですな。多くの漫画雑誌を愛したものの、ビックコミックオリジナルとの付き合いだけが断ち切れないのは、『浮浪雲』の連載が大きい。浮浪さん夫婦からは学ぶことが多く、浮浪さんは寅さん同様、大げさなようだが人生の師である。

 

長く書き続けられた秘訣を、〆切が迫ってきてしょうがなく机に向かうと勝手に手が動くと語っていて、それほど自然と出てくる男の引き出しとはなんぞやと考えさせられる。また、描き始めたころは、浮浪さんが理想の男だったらしいが、だんだんと分身になってきたとも言っている。うーむ、浮浪さんが分身とは、ジョージ秋山さんはスゴイ人物なんですな。僕もいつか、パソコンに向かうと勝手に手が動く男になりたい…って、凡人には無理だろうな。

 

   

  1. avatar
    B太
    2011年 11月 24日 00:14 | #1

    編集長のつぶやきとは全く関係無いんですが、予告していた「昭和40年男の会」を、勤労感謝の日にちなんで「誰も感謝してくれないから、ここは一つ自分で自分を褒めますかい?(笑)」というサブタイトルの元、”けっこう”(決行)致しました。(”けっこう”、、、と、ひらがなで書くと、ドキッとするのも40年男の証拠。。(^^)ゞ)
    ホント、写真をお見せできないのが何とも悔しいくらい、良い盛り上がりでした。まだまだ、みんな若いです!
    今回は第一回目ということで少数精鋭となりましたが、次回は3倍の人数が集まる予感がしています。本当に、昭和40年男に生まれて良かったぁ~~(*^0^)/

  2. うわー、楽しそうですね。次回はぜひ誘ってくださいね。

    avatar
    プロデューサー