ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】レトロな外観を持つ高機能コンデジ・富士フィルムX10。

【S40News!】レトロな外観を持つ高機能コンデジ・富士フィルムX10。

2011 年 10 月 8 日 編集部員 コメント


FinePix X100

富士フイルムは、レンズ一体型コンパクトデジタルカメラ『FUJIFILM X10』を、10月22日より発売する。

 

今年3月に発売され、人気を集めている高品位コンデジ『FinePix X100』のスタイルとクォリティを継承した、Xシリーズの第2弾となる。APS-Cサイズセンサーを採用する『X100』は、当初予定を遥かに上回る需要で、今なおバックオーダーを抱えるほどの人気製品となっており、本機も高い人気が予想されるだけに注目が集まる。

 

『X10』は『X100』の持つレトロな外観・質感を継承しつつ、ボディ全体をブラックとしている。天面と底面パーツには軽く高い強度のマグネシウムダイキャストを採用。モードダイヤルやズームリングはアルミ削り出しとすることで、手にした時の質感を高めている。また、各ダイヤルを回す時のクリック感やシャッターを切る際の手応え・音など、操作性にも徹底的にこだわっているという。

 

採用されたレンズは35mm判換算で28〜112mmの画角を持ち、全域で画面周辺まで高い解像感を追求した新開発の光学4倍マニュアルズーム。コンデジながらF2.0〜2.8という明るいレンズは、撮影の幅を広げてくれそうだ。また、ファインダーレスモデルの多い中、光学ズームファインダーを搭載。「ファインダーを覗いて撮る」スタイルで、フレーミングを楽しむことができる。さらに電源スイッチと連動したズームリングを搭載しており、構えてリングを回せば約0.6秒で素早くカメラを起動させることができるので、シャッターチャンスにも強い。

 

撮像素子には2/3型1200万画素EXR CMOSセンサーを新開発。シーンに合わせて1つのセンサーを3つの撮像方式(高感度・低ノイズ優先/ダイナミックレンジ優先/高解像度優先)に切り替えて撮影できる独自のEXR技術とCMOSセンサーを組み合わせることで、さまざまなシーンで高画質撮影を実現しているという。

 

ビンテージカメラのようなレトロで質感を重視したボディに、最新デジタル技術を融合し、高価ながら「所有する喜び」や「撮影の魅力」を前面に押し出した新しいスタイルを開拓したXシリーズ。現在は撤退してしまったが、元々デジタル一眼レフでも高い評価を得ていた同社だけに、その技術を新たなステージに展開していくことで生き残りをかける。また、同社は来春にミラーレスシステム一眼の投入も発表しており、つい先日のニコンのミラーレス発売と合わせて、コンデジの競争が激化しそうだ。

 

   

カテゴリー: S40ニュース!
  1. コメントを募集しています。