ホーム > プロデューサーのつぶやき > KAZEギャルとお仕事。

KAZEギャルとお仕事。

2011 年 9 月 12 日 プロデューサー コメント

北海道からの大返しは今朝8時過ぎに見事に完了し、何事もなかったように業務に励むスーパー・ハイパー・ビジネス・マシーンな俺なのさ。いやあ、怒濤の〆切前から続くこのヘビーな日々はどうなのよと自分にツッコミを入れつつ、幸せを感じているのも正直な気持ちだ。まだまだ、もっともっと動けるはずだぞーってか(ちょっとハイ)。

 

本来だったら発売日だった昨日は9月11日で、いろいろな意見が世間を駆け抜けていた。ニューヨークから10年経た世界は? 震災から半年を経た日本は? 僕はというと北海道のキロロリゾートで、ライダー同士の出会いを主な目的としたイベント『カワサキ・コーヒー・ブレイク・ミーティング』を開催していた。

 

ここで僕はMCの役を仰せつかり、早13年目を迎えているのだ。人前でしゃべるというのは、どんなに経験をふんでも慣れることなく、毎度緊張感を連れてくる。写真のように若くてきれいなアシスタントがつくのは幸せながら、彼女らを困惑させることしばしばで、プロフェッショナルと呼ぶにはほど遠いが、懸命になってこなしているのだ。ちなみに彼女らは、KAZEギャルと呼ばれ、レースのときはレースクイーンを演じ、こうしたイベントではナビゲートやアシスタントとしてまさに会場の華となるのだ。

 

今年の『カワサキ・コーヒー・ブレイク・ミーティング』は、東日本大震災への義援金集めを実施していて、これがしゃべることに重さを感じさせる。なんだか説明ばかりだが、ライダーの多くは、とくにこうしたミーティングに集まるような連中はツーリング好きが多く、そんな彼らにとって被災というのは決して他人事ではないのだ。普段自然の中で楽ませてもらっているという、感謝の意識が高い。そして、被害の大きかった東北や北海道は、ライダーにとって思いの強い地域であり、そのままに復興を願う気持ちが強くなるのだ。ならばこの我々の集いから少しでも、ホンの気持ちながら送ろうとみんなで力を合わせている。

 

『昭和40年男』最新号でもご覧いただいたように、僕は被災地のレポートをお届けしている。見方によっては災害を商業に乗っけているとも取れるが、メディアの使命という視点で掲載しているつもりだ。その僕自身がライダーから義援金を募るためにしゃべるのは、これまた使命でもあると言い聞かせながら、慎重になり集中力を要する。先日秋田の田沢湖での立ち位置とか言葉選びは、ものすごい疲労感を連れてきたのだった。ミーティングであるのだから、楽しんでもらうことはもちろんのことなんで、通常どおりにぶっ飛ばす。そこにメリハリを付けて、ライダーの視点からの復興や、また取材を通じて感じた心を素直に話している。毎回たくさんの義援金を集めることができて、ライダーたちの気持ちをありがたくいただいているのだ。

 

昨日は天気に恵まれ、少し寒いくらいの爽やかな空気を浴びながらの1日となった。この会場に、昭和40年男たちにぜひ伝えたい驚愕のライダーが2人いたよ。なんと73歳で、1人は九州から。もう1人も茨城からというステキすぎる男たちだ。生涯現役で遊びを貫く姿勢って素晴らしいよね。僕たちの今って、仕事や家庭にもっとも大変な時期かもしれないけど、だからこそ趣味にも熱中していかないと、将来こんな素晴らしい笑顔は出て来ないのかも。僕はひとまず、1月のフルマラソンのベストを狙うぞ…、と、小さな声で誓ったのであった。

 

そうそう、今夜の浅草秘密基地には北海道からのお土産に、イカめしせんべい(なんじゃそれ)を買ってきたからね〜。待ってるよ〜。

  1. avatar
    渡部 史佳(ZX-14monster energy)
    2011年 9月 13日 00:07 | #1

    キロロでは本当にお疲れさまでしたm(__)m じゃんけんでninja3点セットを戴いた渡部と申します。先日はとても楽しい時間を提供して頂きありがとうございました(^u^)入手方法が奇跡だったキーホルダーはお守り代わりに半永久的に大切に使わせてもらいますね。  被災地の事ですが私は自営で電気工事士を営んでおり震災当時、現地で復興作業にも志願し行ってきました。10年20年経過しようと元の町には絶対に戻らないと痛感致しました。前日まで幸せに暮らしていた人々、沢山あった筈の家や会社。町がそのままなくなってしまったのですから。私の力でもお役に立てるのであるならば使って欲しいと思いました。まだまだ不自由なく暮らせるようにまで何十年かかるか見当も付きませんがこんな時だからこそ日本全体で支え合わなくてはなりません。ミーティングの場を使い募金活動を行っているそんな男kawasakiを愛して止まないのです。疲れた表情をしながら皆に一生懸命働きかける編集長の姿に感動しました。素晴らしかったです。本当に。 来年も再来年も必ず参加致しますのでどうか仕事接尾でお体を壊さないようまた元気な姿で北海道の皆に会いにきてください。 最後に・・僕も壇上で少しいじって欲しかった・・・(T_T) 可哀想にとかw
     

  2. 返信遅れてスミマセン。キロロにお越しいただきありがとうございました。えーっ、疲れた顔していましたか? 申し訳ありません(反省)。復興へは力を注いでいきたいですよね。互いにできる範囲で頑張りましょう。

    avatar
    プロデューサー