ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】10年ぶりに『ゴルフ カブリオレ』登場。

【S40News!】10年ぶりに『ゴルフ カブリオレ』登場。

2011 年 9 月 20 日 編集部員 コメント

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、ゴルフのオープンモデル『ゴルフ カブリオレ』を10月1日(土)より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにて販売を開始する。

 

初代『ゴルフ カブリオレ』は、30年間生産された『ビートル カブリオレ』の後継車として1979年に登場。ロールオーバーバーの採用やオープンにした際のユニークなスタイリング、大人4人が乗れるフル4シーターオープンとしての実用性の高さで人気を集め、全世界で約39万台が販売されている。93年には2世代目が、97年には3世代目が発売され、02年に販売終了するまで累計で68万台以上が生産された世界でもっとも成功したカブリオレのひとつだ。

 

4世代目となる新型「ゴルフ カブリオレ」は、10年振りの復活となる。最新ゴルフをベースに、新開発のフルオートタイプのソフトトップを採用している。さらに万一の場合にバーが飛び出して乗員を守るロールオーバープロテクションシステムと5エアバッグシステム、ボディの補強により、オープンモデルでありながら最高レベルの安全性を謳っているのも大きな特徴。クローズドボディ並みの静粛性や優れた居住性、トランク容量など、従来のオープンモデルにおける常識を覆す高い実用性、快適性が実現されているのだという。

 

フルオート電動ソフトトップは30km/hまでの低速走行時にも動作可能で、開閉時間は開けるときが9.5秒、閉めるときが11秒。そしてフルオープン時のスタイリッシュなデザインを阻害しないようロールオーバープロテクションシステムを採用する。これによりロールオーバーバーが不要となっている。パワーユニットはゴルフで好評の1.4L TSIツインチャージャーエンジン+7速DSG。高い走行性能とクラストップレベルの燃費性能を両立している。

 

一時期は激減したオープンモデルだったが、現在では国産でもマツダ・ロードスター、日産・フェアレディZ、ダイハツ・コペン、レクサスIS350C/250Cなどがあり、外車となればフィアット・500C、ミニクーパー・コンバーチブル、スマートフォーツー・カブリオ、プジョー207CC/308CC、BMW・Z4…などなど、百花繚乱。そうした中にあって、新型『ゴルフ カブリオレ』は4人が快適に乗れて、トランクなどの実用性を犠牲にしないモデルとして注目を集めそうだ。昭和40年男は家族での利用シーンが多いと思われるので、ファミリーでオープンエアドライブを楽しむにはうってつけと言えるかもしれない。

 

なお、『ゴルフ カブリオレ』の日本導入を記念して、「新型ゴルフ カブリオレ & パサート リゾート & ドライブ キャンペーン」も実施している。10月16日(日)までの期間に、専用ウェブサイトより応募すると抽選で6組12名に、1泊2日のリゾートホテル宿泊と、モニター試乗をプレゼントするというもの。興味のある人は参加してみてはいかがだろうか。

 

  

カテゴリー: S40ニュース!
  1. コメントを募集しています。