ホーム > 創刊へのカウントダウン > 第53話 奥州平泉。(2)

第53話 奥州平泉。(2)

2009 年 11 月 15 日 プロデューサー コメント

 
よーし、せっかく海のそばだから
奮発しようと寿司屋に入ったらこれが最悪で、
チェーン店丸出しの味も素っ気もない店だった。
すべてのチェーン店が、というわけではないけれど
心がまったく入っていなくて、
システムばかりで勝負しているチェーン店て多いよね。
まさにそんな感じの店で、
とても板さんと話をする雰囲気じゃない。
刺身の盛り合わせだけで、
握りを1つも頼まず嫌味っぽく引き上げた。
まっ、嫌味とも感じないのだろうけど。

 

そんで気を取り直して入った居酒屋が最高だった。
(ここからは原稿に書いた通りなのでそっちも読んでね)
地元の方からいろんな話を聞けた。

 

それにしても、世界遺産の問題は旅先で聴かされることが多い。
実際に登録されたところで
「こんなものとらなければよかった」と、
吐き捨てるようなセリフに出くわすことがあるのだ。
旅人にとっても嫌な思いをすることが多いものなあ。

  1. コメントを募集しています。