【懐かしの名盤】クイーン(5)

2011 年 8 月 12 日 プロデューサー コメント

ブログ特別不定期連載記事『懐かしの名盤ジャンジャカジャーン』である。音楽と密接に生きてきた昭和40年男にとっての名盤を、僕の独断でセレクトしていこうというもので、 今回はクイーンでずいぶんと引っ張ってきて5回目である。いよいよ僕が選ぶベストアルバムの発表です。ジャン。『クイーン2』。おーっ、そう来たか。

 

A面をホワイトサイド、B面がブラックサイドになっているコンセプトアルバムで、レコード時代を象徴する手法である。CDではホワイトサイドのラストからブラックサイドへの曲間が長めになっているが、やはりA面を聴いた余韻を楽しみながら、よっこらしょと引っくり返してジジジとノイズからB面が始まることが風情ですな。こうしたコンセプトアルバムでなくても、レコード時代はA面ラストとB面の頭って構成する上で重要だった。そう考えるミュージシャンは多いはずで、クイーンはとくによく考えて作っていたと思う。『オペラ座の夜』でB面の頭に「なうまんぞう」…じゃなかった、『予言者の歌』ってのは、この場所しかない考えられないもの。もっというとCD時代にこの曲を作ったら、少しシンプルな構成になっていたかもしれない。あの名曲はB面の頭という、レコード時代だから存在した貴重な場所の恩恵で生まれたのである。

 

レコード1枚にまとめ込んでのこの白対黒の対決はあっぱれで、そのままギタリストのブライアン・メイとヴォーカルのフレディ・マーキュリーのソングライター対決になっているのがおもしろい。ブライアンはロジャーの力を借りる(1曲提供してヴォーカル担当)までして善戦しているものの、フレディの完全勝利である。このブラックサイドの、おもちゃ箱を引っくり返したかのような大騒ぎは尋常でない。2曲目の『フェアリー・フェラーの神業』はまさに神業ともいえるソングライティングだ。あれだけの要素を3分以内の曲にまとめ込んでしまうあたりが、後に『ボヘミアン・ラプソディ』を完成させる片鱗を、見せていたということだ。それは続けて収録されている『ネヴァー・モア』で確信する。この2曲を足して4分内というのは、どんな表現力なんじゃと感嘆させられ続けた。続けての『マーチ・オブ・ザ・ブラック・クイーン』は、時間こそ長いがメロディ・構成ともにすばらしく、フレディの非凡な才能をこれでもかっ!! と見せつけられる。幼いころの僕は、この曲でロジャーに一部歌わせているのは、ホワイトサイドで1曲入れたブライアンとのバランスを取ってすり寄ったものだろうと、勝手な解釈をしていた。この2〜4曲目までのメドレーはいつもエキサイトしたものだ。僕にとっては3曲ともそのままクイーンの楽曲ベスト10に入るが、これはメドレーになっていることで何十倍もの魅力になっている。おっと、ホワイトサイドだってすばらしいよ。オープニングのギターオーケストラによる『ブロセッション』はブライアンでなければ生まれない演奏ですばらしい。3曲目に収録された『ホワイト・クイーン』のメロディも涙ものだ。B面に比べるとどうしても見劣りするけど、完成度は十分に高く、そうでなければベストアルバムに選ばないよ。

 

フレディマーキュリーって45歳で亡くなったんだね。ふーっ、偉大な中年だったわけだ。すごいことは今の僕らとほぼ同年代で『イニュエンドウ』を創りあげていくテンションがあったことだ。学ばないとね。

 

長いことクイーンについて語ってきましたが、ファンのみなさん、いかがでしたか? みなさんのベストアルバムを聞かせていただければ幸いです。

 

  

  1. コメントを募集しています。