ホーム > プロデューサーのつぶやき > 出張のお供はコイツ。

出張のお供はコイツ。

2017 年 12 月 4 日 プロデューサー コメント

出張のご飯といえば、昔は揚げ物がいっぱい入ったお弁当を買ってさらにおにぎりとかサンドウィッチを買い込んでいたけど、ここのところこれ1個で済むのだからずいぶんと経済的になった。揚げ物が苦手になったとか、食欲が減退したとかでは決してない。放っておけば今も大食らいの称号は得られるだろうが、なんせ太りやすい体ゆえの我慢である。あえていえば、年齢によって我慢できるようになったということかな。

 

 

去年のこと、パッケージの江戸情緒につられて購入し今や僕の定番である。あさりご飯に穴子や川魚の佃煮とかが乗っていて気分はおおいにくすぐられる。いくつになってもフタを開ける瞬間のうれしさってありますな。列車が走り出していつもと風景が変わり、森や海が見えてくると開封する。流れる景色を楽しみながら食べるのはビールがあったら天国だけど、それは叶わぬ贅沢だ。

 

 

今年も多くの出張ができて、そのほとんどでこいつの世話になっているのだからどんだけヘビーユーザーだっての。暮れの挨拶はもとより、来年の作戦を練る訪問先では性能の悪い頭をキリキリさせる。そのエネルギーになってくれているのだから感謝である。

 

 

今年の出張は今回を含めて残り3回となった。そんなすべての動きが1年の幕引きにつながっているようで心地よい。お弁当を頬張りながら今年を振り返りながらも、すでに春へとつながっている。感謝の気持ちいっぱいで弁当を頬張るおっさんだった。

 

 

 

  1. avatar
    けめこ
    2017年 12月 5日 14:10 | #1

    ネットサーフィンしていたらこちらのサイトにたどり着き、自分も昭和40年代生まれだから親近感がわくタイトルの雑誌です。

    深川めしのお弁当、食べたくなりました。
    包装も味わいがありますね。
    年末までには、日本へ一時帰国したいです。(現在香港におります)

    日本の駅弁やお弁当は人気があり、色んな言語の料理本やネットマガジンで紹介されています。
    日本に近い香港では、日本文化は欧州よりも、もっと身近です。普通にお店で、Bento box lunch setとして販売していたり、レストランで食べられます。会議や講習会先に届けるBento lunchのデリバリーサービスもあります。(四角や長細い箱に仕切りをつけて、和食らしき食事をつめるとBentoと呼ぶこともあります。日本人が想像する幕の内弁当とは味が少し違うけど、形を変えて日本の食文化や言葉が浸透するって面白いです。)

    私もお米が好きで太らない身体なら、延々と食べたい!昔は痩せの横綱とも言われたのですが・・いまやぽっちゃり横綱となってきました。
    運動しても、お米などの量も減らしても、体重が減らない 苦笑
    これで、日本へ一時帰国したら、ぽっちゃりから一気に本物の横綱へと変身しちゃいそう。日本のお米って美味しいですから・・

    益々日本は冷え込みが厳しくなりますよね?風邪やインフルエンザにお気をつけて。残りの出張も含め、充実したお仕事となりますように!

  2. コメントありがとうございます。
    僕も昔は太りづらかったのですが、ホント最近はすぐブクブクと肉がつきます。加齢って厳しいですね。
    海外でのお仕事はなにかとご苦労が多いと思いますが、体に気をつけてがんばってください。

    avatar
    プロデューサー