最新号完成。

2017 年 9 月 6 日 プロデューサー コメント

配本今日は配本日だ。印刷所から問屋にドカーンと配布され、それを各方面に向かうトラックに積み込んで旅に出る。我が社にもご覧の通り、追加注文や広告主への配布、参加いただいたスタッフたちに向けて発送するための完成品がドーンと届いた。

 

 

来週月曜日に発売の雑誌が今日完成しているのは、週刊誌で追われている同業者とは雲泥の差となるが、暦や問屋の都合に左右される我々だ。年末ほどではないにしろ、早めの締め切りを乗り切った現場に手前味噌ながら拍手である。

 

 

さて、今回の特集はクルマだ。スーパーカーにはみなさんと同様に憧れ熱狂した。中学に入るとバイクに興味が移り、今も発行を続ける『月刊オートバイ』を買って教室でオピニオンリーダーを気取った。バイクとクルマは将来男の子が必ず手に入れるアイテムだとその当時は考えていた。が、僕はお恥ずかしいことにクルマの免許を持っていない。バイクはどんなでっかいのに乗っても怒られない免許を持っているが、4輪はついに免許取得に至らなかった。

 

 

ロックに狂って金を持って行かれたことと、結婚が早くて子育てを支えるためそれどころでなかったことが大きい。ナンパする暇がないのだから車は必要ない。やがてバイク免許は取得して乗るようになったが、4輪はこの歳までまだ取得に至っていない。息子には絶対に取れと強要したくせにひどい話だ。

 

 

僕ら世代にとってクルマの免許はマストアイテムで、持っていない同世代男をほとんど知らない。みなさんの周囲にも僕のような情けない奴はいないだろう。ましてやウチの会社はバイク雑誌を多く出していて、クルマとも本来密接な関係である。とまあ、クルマ特集のたびに肩身がせまいおっさんである。が、なんと、驚愕の事実が編集後記に書かれているじゃないか。そんな小ネタも楽しみな発売まであとわずか。期待して待ってて頂戴!!

 

 

 

  1. avatar
    こうちゃん
    2017年 9月 6日 18:44 | #1

    数少ない持ってない派です(苦笑)

    たいしたことはなかったのですが,先輩の車の助手席乗ってたら,よりによって人身事故に遭遇しちゃって,その時教習所通ってたのですが,そのまま通う気になれなくて…そのまま時が過ぎちゃったりします。

  2. なるほど、それは仕方なしですね。仲間です(笑)。

    avatar
    プロデューサー