ホーム > プロデューサーのつぶやき > カレー好きの昭和40年男と『ゴーゴーカレー』。

カレー好きの昭和40年男と『ゴーゴーカレー』。

2017 年 5 月 16 日 プロデューサー コメント

ゴーゴー昼飯の時間があまり取れない時、立ち食いそばが最も威力を発揮する。とくに冷やしものを頼めばものの5分で職場復帰できて、助かる存在この上ない。今日もそんな予感に包まれながら『昭和40年男』が画策するビックプロジェクトの打ち合わせに向かった。訪問先の目の前に立ち食いの『吉そば』があるから、ほぼそれに決めていたところすぐ手前にこの看板を見つけた。ゴリラのアイキャッチが気持ちよくてずっと気になっていた『ゴーゴーカレー』である。

 

 

時間を確認すると待ち合わせまで12分ある。勝負!! と胸が高鳴り、『吉そば』を蹴って地下の店に入った。ランチタイムのピーク時間は過ぎていたものの、店内にはカレー好きたちがゴロゴロといてうまそうに頬張っているじゃないか。自動販売機なのが少々寂しく感じてしまうおっさんながら、カレーの香りに期待の方が上回った。

 

 

本当は大盛りにしたいところだが、時間を考えるとちょっと厳しく泣く泣くエコノミークラスと命名されている並を選んだ。ただし、辛口100円とあったのを見逃さず、わざわざ徴収する意欲にボタンを押した。席に着き待つことわずかで目の前に皿が届く。あと10分で平らげれば十分で、完璧な作戦に我ながらあっぱれとつぶやきつつ乗せられたキャベツの千切りからいく。血糖値が気になるおっさんはベジファーストを常に心がけるのだ。キャベツを噛み締めながら期待が膨らむのはそのルーの黒さだ。あとで知ったことだが金沢カレーの進出とのことだ。

 

 

キャベツを終えカレーに進む。うん、この価格と速さを考えるとかなりいい。味に主張があるのもよく、僕が行った赤坂店では十分な満足感を得た。また見つけたらきっと入ることだろう。そしてささやかな喜びは、わずかな時間を充実の時間にできたこと。なんてったって死に向かって一直線の昭和40年男ですから。って、最新号のPRに結びつける相変わらず姑息な俺です。

 

 

  

  1. avatar
    ca-ni
    2017年 5月 16日 20:51 | #1

    ビッグプロジェクト??
    ACTシアターでプロデューサーのバンドがライブやるとかですか?(^▽^)

  2. そうです。ライブです(ウソ)。

    avatar
    プロデューサー
  3. avatar
    DJOGI
    2017年 5月 17日 19:51 | #2

    カレーにキャベツが添えられるのが金沢カレーですが
    広島のソウルfood?サンカレーも何十年も前から
    添えられていました。

    ますいのトンカツやガリバーのカレーとか8月の秘密基地が楽しみです。

  4. avatar
    田村@入間
    2017年 5月 17日 20:31 | #3

    ゴーゴーカレー、懐かしいです。3年前まで輪島に住んでいた頃、輪島駅にある店によく行ってました。
    また食べたいです。

  5. DJOGIさん、8月参戦ですか。お待ちしてます。

    avatar
    プロデューサー
  6. 美味しいですよね。輪島店、行ってみたいです。

    avatar
    プロデューサー