ホーム > プロデューサーのつぶやき > なぜ今スーパートランプ!?

なぜ今スーパートランプ!?

2016 年 11 月 17 日 プロデューサー コメント

なぜか最近、中2のときにヒットした2曲を口ずさんでしまう。わかった、トランプ氏が勝ったからだ。

 

 

1978年に僕は洋楽の虜になった。翌年のお正月に、生まれて初めて自分のお小遣いでレコードを買った日の興奮はこのブログでは何度も語り、そうしてしまうほど人生を変えた出来事だった。そして翌年、キャッチーなヒット曲が僕の大切な情報源である『ダイヤトーン・ポップス・ベストテン』のヒットチャートを駆け上がった。『ロジカル・ソング』と『ブレックファスト・イン・アメリカ』で、ポップスよりもロックに嗜好が傾いていた僕に意外なほど染み渡った。

 

 

今回の歌謡曲特集でご理解いただけただろう国内シーンの変化と同様、70年代は洋楽も大きなうねりを見せていた。次々に出てくるエポックメイキングなニューフェイスたちをカテゴライズして整理していかないと自分の方向性を見失ってしまう。そんなの大げさな話かもしれないが、少ない予算で買ったアルバムは少々気に入らなくても聴き込んで好きになろうとする。ということは、好きになっていいベクトルを持ったアルバムを買わなければならない。なんてヘンテコな強迫観念を自分に課してむしろ楽しんでいた。ラジオや雑誌からアルバムやそのミュージシャンの情報を得ては、買うべきターゲットを毎日のように変化させていたのだ。

 

 

前述の2曲が収められたスーパートランプのアルバム『ブレックファスト・イン・アメリカ』は中2の僕を強く誘惑した。元々はプログレバンドだったという情報を得て、バカなガキの頭でプログレが進化したポップスなら好きになってもいいのではないかと問いかけたりもした。が、ポップスはポップスだ。「えーい、こちとら江戸っ子でい(!?)」と切り捨てたのだった。

 

 

さて、トランプ氏のおかげで思い出したスーパートランプの『ブレックファスト・イン・アメリカ』を今こそ買うべきか。37年の長い年月を経て再度迷っているのは、とんでもない事態から作られてしまったことになる。やはりやめておくべきかな(苦笑)。

 

 

     

  1. avatar
    浅野
    2016年 11月 17日 15:44 | #1

    当時レコード買いましたよ(^^)
    多分実家にあるはずだよ(^^)v

  2. すばらしい!! 持って来てください。

    avatar
    プロデューサー
  3. avatar
    Honey O’rourke(はにー)
    2016年 11月 21日 19:19 | #2

    FMレコパルに何度も広告が出てたのを思い出した。
    そう、私はレコパル派でした。