ホーム > プロデューサーのつぶやき > 鈴鹿サーキットにて興奮気味の昭和40年男。

鈴鹿サーキットにて興奮気味の昭和40年男。

2016 年 11 月 6 日 プロデューサー コメント

いつも仕事をご一緒している渡辺一樹選手は、5番グリットからのスタートで第1レースを戦う

いつも仕事をご一緒しているカワサキの渡辺一樹選手は、5番グリットからのスタートで第1レースを戦う

昔パフィが歌った『サーキットの娘』の歌詞に“あせってエンストこかないでね”とか、“誰より早く帰ってきてね”とあった。今日はそんな心境でレースを見守る。渡辺選手によく言われるのが「スタート前の北村さんは誰よりも緊張してますよね」だ。そう、なんかお母さんのようになってしまい「ビリでもいいからケガなく帰ってきてね」と願う(笑)。

 

 

昨日からやや興奮気味で全日本ロードレースブログになっているのをご容赦ください。いよいよ今日は決勝レースだ。昨日ここに書いた極めて重要になる、8周で行なわれる第1レースのポールポジションをゲットしたのは王者、ヤマハの中須賀選手だ。何度も仕事をさせてもらっている、ホンダの高橋巧選手が3位でフロントローを獲得して、先週の土曜日になんとしてもフロントローと言っていた津田拓也選手は残念ながら4位となってしまった、ウーム。

 

 

昨日はカワサキのファンブースで『カワサキアンダー29ミーティング』という、29歳以下のバイクファンに限定したイベントを開催した。このイベントでは3年前より渡辺選手をメインゲストとして迎え、全国各地で行なわれるすべての開催に付き合ってもらい、トークショーを行ってきて、昨日が今年の千秋楽だった。ステージだけでなく、オフステージでも多くのことを話し、酒を呑まない彼を何時間も拘束して酔っぱらいのクダクダ話を聞かせたなんて夜もある。昨日はイベントが、そして今日は今年のレースが締めくくりとなるのだ。朝から緊張しっぱなしの僕で、スターティンググリッドに行ったらきっと渡辺選手に前述のようにからかわれるだろう。だからここのところグリッドには行くものの気付かれないようにしている。そっと遠くから見守るのはまさしく母心だ(笑)。

 

 

でも今日のスターティンググリッドでは声をかけようと思う。豪快に明るく笑うのだ。スタートを祝うくらいの気持ちで行くのだ。あー、また緊張してきた…、ってそれじゃダメじゃん。注目の決勝レースは第1レースが11時15分から、第2レースは15時05分から。リアルタイムで見られるコチラでぜひお付き合いください。では、いざ決戦に参る。

 

 

  

  1. avatar
    ca-ni
    2016年 11月 7日 10:24 | #1

    渡辺選手は大事に至らず良かったですね。

  2. ひとまずホッとした。寿命が縮みました。

    avatar
    プロデューサー