ホーム > プロデューサーのつぶやき > 電撃移籍をスクープ!?

電撃移籍をスクープ!?

2016 年 10 月 31 日 プロデューサー コメント

%e3%82%ad%e3%83%a8%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%a8%e6%b4%a5%e7%94%b0%e3%82%b5%e3%83%b3まずい写真を入手した。左の若者はヨシムラスズキシェルアドバンスより全日本ロードレースに参戦中で、現時点でポイントランキング2位の津田拓也選手で、隣にはなんとミスターカワサキと呼ばれ70歳になった今もレーサーたちに絶大な影響力を持つ男、清原明彦氏がいるじゃないか。まさかまさかの移籍か…、ってそんなわけないよな。一昨日、静岡県牧之原市の静波海岸で開催した『ラブ・ジ・アース ミーティング』のゲストとして来ていただき、その食事でのシーンだ。

 

 

濃い内容の話をしていた。時代が変わっても速い男同士は引き合うようで、会話はストップすることなく盛り上がっていた。そんな初対面を演出できたのは主催者冥利に尽きるってもんだ。

 

 

%e6%b5%b7肝心のイベントは周囲がひどい天候だったせいか動員が少なく、参加いただいた方々にはかなりの重労働になったはずだ。そこへの感謝の気持ちを強く込めてステージイベントをこなした僕だ。たっぷり2時間に渡ってしゃべり続け、僕自身もひどく疲労したものの、参加者たちの善意に感動させられっぱなしで心は元気そのものだ。ゲストのみなさんも同じく、少しでも喜んでいただけるようにサービス精神旺盛なトークを展開してくれた。

 

 

驚きの参加者がいた。毎週月曜日の読者の集い『浅草秘密基地』からバイクとは無縁の男が参加してくれ、涙もろいおっさんは不覚をとった。突然僕の前に現れたその衝撃ったら、一瞬思考がすっ飛んでしまった。持つべきものは秘密基地仲間である(笑)。

 

 

と、この騒ぎのなかでひとつみなさんと共有できなかった記念日がある。ミーティングが開催された10月29日は『昭和40年男』の7回目の誕生日だったのだ。今も忘れることができない涙と苦労の日々。そして発行後の予想以上の反響に握った拳も強い記憶だ。以来、発行を重ねて現在追い込みに入っている11月11日発売号は40冊目となる。今年は臨時増刊を出すまでに成長できた。すべては読者のみなさまのおかげである。さてさて、今日は浅草で誕生日を祝いましょう。みなさんのお越しをお待ちしてます。

 

 

  

  1. avatar
    浅野
    2016年 10月 31日 15:04 | #1

    いい加減慣れて下さい(笑)

  2. avatar
    一人の女性読者ヒロ
    2016年 10月 31日 15:14 | #2

    本日、博多駅で増刊号の下巻をゲットしました。

    7歳のお誕生日おめでとうございます!(^∇^)

  3. はーい、努力します。でもっきっと無理。

    avatar
    プロデューサー
  4. ありがとうございます。健康なのにご購入いただき恐縮です

    avatar
    プロデューサー