ホーム > プロデューサーのつぶやき > おっさんの楽園を発見!!

おっさんの楽園を発見!!

2016 年 8 月 27 日 プロデューサー コメント

バンド灯台下暗しで、会社のある浜松町に生バンドで歌える店があるとのことで、仕事仲間に連れられ極上の時間を過ごしてきた。近年、こうした店が増えているのは噂に聞いていた。音楽がおっさんの青春時代を強く支えたことがブーム(!?)に現れているのだろう。初体験となった日の客はほぼ同世代ばかりで、バンドのメンバーもご覧のとおりバッチリ同世代だ。

 

 

楽器が弾けなくてもバンドで歌うこと自体が楽しい。カラオケにすっかり慣れた方々にとって、音圧が高い大音量の演奏でマイクに向かうのはちょっとハードルが高いかもしれない。歌詞のスクロールもしてくれないしね。だがエイヤっとやっちまえば極上の快感を味わえる。慣れれば気分はミック・ジャガーだ。

 

 

看板ステキなママさんが1曲披露した。季節を意識してさすがのセレクトは『燃えろいい女』だった。俺たち世代にはたまらない世良さんの名曲を、パンチのある歌声でぶちかましてくれた。いやあ、昭和っていいな。

 

 

物怖じすることなく次々とステージに上がるお客さんたちと僕の仲間たち。僕も定番2曲を歌い、ラストは『スィート・ホーム・シカゴ』の大セッションに参加させていただいた。夜8時~11時までたっぷり3時間を、僕たちと他のお客さんは一体となり楽しんだのだった。いやあ、音楽っていい。

 

 

先日もこのブログで触れた、かつてナウでヤングな男たちは『TVジョッキー』の白いギターに憧れた。今より楽器が高価だったからこそ番組の代名詞として君臨できたのだ。昨今はギターで若者を釣れない。音楽でスーパースターになる夢も、世良さんの時代とは大きくかけ離れてしまった。あの時代を生き、音楽に憧れと夢を感じていたおっさんたちが今宵もこの店を埋めるのだろうな。

 

 

  1. avatar
    平成乃昭和
    2016年 8月 27日 19:16 | #1

    沈む夕日ぃい、お前との出逢いぃいい♬

    俺も行きてぇー!

  2. avatar
    たーぼう
    2016年 8月 27日 23:15 | #2

    ママはハスキーな声だったんでしょうか。。生バンド、面白いですよねー。

  3. いいでしょう。東京観光の際にはぜひ。

    avatar
    プロデューサー
  4. パワフルなママさんでした。とってもよく似合う声でしたね。
    生バンドはハマりますよー。

    avatar
    プロデューサー
  5. avatar
    こうちゃん
    2016年 8月 29日 15:52 | #3

    ここの店,禁煙だったでしょ?w
    それで行くのやめちゃったんですよwww

  6. そうでしたか。僕は吸わないので気にしてませんでした。喫煙者にとってタバコは、酒と音楽と切っては切れませんものね。

    avatar
    プロデューサー
  7. avatar
    昭和28年男(バンマス)
    2016年 8月 31日 10:52 | #4

    ご来店頂き、ありがとうございました。
    素晴らしいギターでした。楽しんでいただけましたか?
    隠れ家は禁煙ではありません!!
    ただ、出演バンド(39バンド⇒基本第2・第4水曜日)のメンバーがずべて病気持ちなので、
    節煙しているだけです。
    チーママ(本当はお客さん)もパワフルでしょう?
    また、居らしてくださいね!!

  8. ありゃりゃ、駄文を見つけられてしまった。楽しい夜をありがとうございました。チーママさんはお客さんだったのですか。完全に営業になってましたよ(笑)。
    またぜひ遊びにいきたいと思いますのでよろしくお願いします。

    avatar
    プロデューサー