ホーム > プロデューサーのつぶやき > 鈴鹿8耐で燃えないか?

鈴鹿8耐で燃えないか?

2016 年 6 月 20 日 プロデューサー コメント

さあ、今日はみなさんを暑くて熱い夏の1日へのお誘いする。空前のバイクブームを10代で体験している昭和40年男だから、バイクに乗ったことがない方でも『鈴鹿8耐』という言葉はきっとご存知だろう。毎年7月の最終日曜日が決勝となるレースウィークが組まれ、熱い闘いが繰り広げられる。50歳を過ぎたおっさんには少々キツいかもしれないが、炎天下の8時間耐久レース観戦はむしろ50歳を過ぎたからこそトライ(!?)した方がいいのではなかろうか。子供と一緒に行くのもよい。奥様と青春を取り戻すのもよい。ぜひ、ご検討いただきたい。

 

 

みなさんと同じくおっさんのワタクシもこの会場で取材とカワサキのブース運営に汗を流す。取材自体は1999年より1回だけ欠席してしまったが、それ以外はずっと続けている。レース取材というのはなにが起こるかわからないから集中してのぞむ。決勝の朝から情報収集に走るから実質12時間以上の現場となり、これは僕にとって冬のフルマラソンと同様に加齢に対してのチャレンジでもある。しっかりと体作りをしながら備えている今日だ。

 

 

カワサキのエースライダー、渡辺一樹選手とはもう長い付き合いになっている。今年こそ彼と抱き合って泣きたい

カワサキのエースライダー、渡辺一樹選手とはもう長い付き合いになっている。今年こそ彼と抱き合って泣きたい

カワサキのブース運営に関しては今年で3年目になる。長く参戦していなかったカワサキの『チームグリーン』が3年前に復活参戦を果たした。その際に応援ブースの進行を任せていただき、今年もなんとか首を切られることなく大任を仰せつかった。こんなおっさんを起用していただけるのだから深く感謝して、精一杯のパフォーマンスでぶっ飛ばしたい。今年はチームの戦闘力も上がっているから、決勝レース終了後のブースではみんなと勝利の涙を流したいと心より願っている。

 

 

さあ、僕と一緒に夏のチャレンジを楽しまないか。毎週月曜日のバカバカしい読者の集い『浅草秘密基地』の常連さんが、ありがたいことに応援に来てくれるなんて話が舞い込んでいる。今からならお忙しい昭和40年男諸氏でも予定は立てられるはずだ。青春の日々に戻ってバカ騒ぎを楽しもうぜ!!

 

 

 

 

  1. avatar
    ca-ni
    2016年 6月 21日 11:22 | #1

    「KAZE応援ライブ」も申し込み済み。
    カワサキのビッグフラッグ振りまくりますよ~(^▽^)
    コカ・コーラも飲みまくりだぁ!
    あ、ソレ、さいしょはけぇ~♪
    って、まだひと月あるのにすでにテンションMaxっす。

    バイクで行く予定ですが、先週末のツーリングにてトラブルで止まってしまい、愛車ER-6f は「KAZEロードサービス」で運ばれてっちゃったんですよねぇ(^。^;)
    最悪直らなかったらFZ250で行きますわ・・・コッチも止まりそうだけど(^○^;;;)

  2. うれしいコメントありがとうございます。僕もテンション上がっているから昨日書かせていただきました。
    でも、FZは心配です(笑)。

    avatar
    プロデューサー