ホーム > プロデューサーのつぶやき > 大相撲に燃える昭和40年男。

大相撲に燃える昭和40年男。

2016 年 5 月 16 日 プロデューサー コメント

我が家のカレンダーはこれ。お客さんが来るとちょっと引かれることしばしば(苦笑)

我が家のカレンダーはこれ。お客さんが来るとちょっと引かれることしばしば(苦笑)

相撲の中継を見ることはほとんどできないが、場所中はスポーツニュースやサイトで得た情報に一喜一憂している。モンゴル勢の頑張り、とくに白鵬関の奮闘や記録はすばらしい。だが、勝負相撲に徹してしまうことが稀にあるのはご周知のとおりで、なぜあれほど強いのに横綱相撲に徹することができないのか首を傾げてしまう。苦しいながら弁護すると、それだけ勝負勘が鋭くて意識と違うところで体が動くのかもしれない。

 

 

正々堂々と真っすぐにぶつかるのは、あくまで横綱に限ったことでいいと思っている。釈然とはしないが、大関がごく稀にやらかすのは許す。ましてや下の方で長く奮闘を続ける力士や、小柄な力士は仕方無しだろう。くせ者で通っているベテランもいることだし、それらも大相撲の魅力だ。少し寛容に見ながらも、いい取り組みにめいっぱい歓喜するってなファンでいたいものだ。

さて今場所。やや薄い可能性ながら綱取りがかかった稀勢の里関が全勝で盛り上げている。薄いとはしたが全勝優勝ならキマリだろう。今夜は僕の大好きな力士で、一敗で走る豪栄道関との大関対決だから目が離せない(って見られないが)。少し前には琴奨菊関に綱取りがかかって失敗したが、今のところ稀勢の里関はいい相撲を続けている。昨日の取り組みもどっしりとしていて、ちょっと風格を感じた。まっ、あの人相だからもともと凄みがあり、風格においてはずいぶん有利かもしれない(笑)。

うってかわって昨日の白鵬関はまたやらかしてしまった。流れの中での変化と甘い解釈はできるかもしれないが、相手は関脇に上がって「ほっ」を封印された琴勇輝関だ。「ほっ」でリズムを崩している(!?)ところに、変化はひどい仕打ちだと思えてしまうのは人情ってなもんでしょう。

さて、いよいよ今場所も後半戦となり、稀勢の里関の全勝優勝が見たいと願う僕だ。って、ナウでヤングな昭和40年男たちはあまり盛り上がってないかな?

 

 

 

  1. avatar
    五十嵐康晴
    2016年 5月 19日 19:24 | #1

    子供の頃からファンです。
    現在も時間があれば拝見しています。
    さて、稀勢の里に優勝がかかって
    います。日本人の横綱がいないので
    頑張って欲しいです!
    皆さん応援しましょう!

  2. 今日も勝ちましたね。いよいよ明日が正念場になりますね。応援しましょう。

    avatar
    プロデューサー
  3. avatar
    じゅんまじーにょ
    2016年 5月 25日 23:16 | #2

    いつも楽しく拝見しています
    いつか、アメリカ横断ウルトラクイズを特集していただけないでしょうか
    わたしたち、昭和40男のロマンが詰まっているあの番組を掘り下げていただきたいと思います
    昭和40男の今までと違った特集を期待しているのです
    よろしくお願いします

  4. リクエストありがとうございます。男のロマンが詰まっている。いい響きですなあ。考えます。

    avatar
    プロデューサー