ホーム > プロデューサーのつぶやき > 憧れのスイートルーム!?

憧れのスイートルーム!?

2016 年 4 月 20 日 プロデューサー コメント

我が東京都のボスが日本中に不快な思いをさせている。先の選挙で圧倒的な勝利だったが、反省している東京都民は多いだろう。オリンピックにかかる金のことを激しく批判していたのに、ご自身のオリンピック視察は豪勢に税金を使っているとはなんたることか。都民として恥ずかしい思いである。

33e9f665efe4fcd9ca2ccecc5bcc70c1-e1430123076892-300x400去年あたりからホテルの宿泊料金がうなぎ登りで、出張の多い僕は安宿探しが大変だ。もっとも起きて半畳寝て一畳という言葉を意識しながら生きている自分にとっては、ホテルのグレードなんかどうだっていい。こんな元連れ込み旅館が常宿だったりするし、カプセルでだってグッスリ快適に過ごせる安上がりな奴だ。そりゃあ、若い姉ちゃんとのアバンチュールってなら話は別だが、そんなロマンスは当然ながら皆無である。だがいいホテルに泊まりたくないわけじゃない。ましてやスイートルームでシャンパンなんて、一生に1度くらいは経験することを目標にしておいてもいいだろう。でも実際にその予算があったら温泉旅館を選ぶだろうな。

先日来日して話題をふりまいたウルグアイのムヒカ前大統領の「貧乏な人とは、少ししかモノを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」との言葉はまさに核心である。起きて半畳〜と書かれている手帳のページに書き加えた僕だが、なかなかムヒカさんのセリフを言い切れるような立派な人間じゃない。十分に美味しいものを毎日食べているくせに、寿司やステーキを食べたくなる。前述のとおりスイートでシャンパンなんてのをやってみたいと俗っぽい考えもあるじゃないか。海外旅行に行きたいし、物欲だってないわけじゃない。もっともっとにならず程度をわきまえるようにコントロールしようと、ヤレヤレなんともゆるい僕だ。

明日からの出張も安宿をバッチリ予約した。出張に出て晩にクライアントとその地の旬の肴に舌鼓を打つことだろう。うーむ、やはりムヒカさんにはほど遠いなあ。

 

 

 

  1. avatar
    ca-ni
    2016年 4月 21日 09:14 | #1

    遊びの話で恐縮ですが、ツーリングの際に泊まる宿は寝るだけと割り切っているのでだいたい素泊まり5千円以下のとこです。
    飯付きにしないのは、すごい野菜嫌いなんで残しまくるから(笑)
    宿自慢の山菜料理とか出されても困ってしまう(^^;
    意外と神経質で他人がいると寝られないのでライダーハウスはアウトです。
    楽しそうだけど、主たる目的に支障が出るのでは仕方ないっす(;_;)

  2. ツーリングに素泊まりは僕も賛成です。出かけて発見があるのがいい。旅先のスナック遊びなんてのもオツです。

    avatar
    プロデューサー