ホーム > プロデューサーのつぶやき > 若者よ、そしておっさんも大志を抱け。

若者よ、そしておっさんも大志を抱け。

2016 年 4 月 11 日 プロデューサー コメント

IMG_3285僕の住むご近所の桜たちは見頃は過ぎて花びらが舞い、新しい芽が出てきた。東京は満開時に微妙な天気の日が多く、花見の機会を逸してしまった方も多いのではなかろうか。

バッチリ満開の花見はもちろんいいが、これより1ヵ月ほどを経て楽しみたいのが“葉桜見”だ。花見の頃はまだ気温が低い日が多いが、葉桜頃はちょうどよい。以前、昭和40年男読者さんとも開催したことがあり、今年もいっちょやったろうかな。緑の葉を青空へと伸ばした桜並木の美しさったら焼酎が進むこと。ちょうどゴールデンウイーク進行を乗り越えた頃が葉桜は見頃になる。取引相手の方々が連休を謳歌するために、僕らは仕事を前倒さなければならないが、その分だけ若干ながら余裕ができて晴れやかな気持ちで葉桜見に出かけられるからよしとしよう。

桜の時期は新社会人の季節でもある。今朝の通勤電車では、スーツが浮いている若者達を多く見かけた。そして葉桜の頃になると、社内での研修を終えた1年生たちが接触してくる。「お名刺だけでもいただけませんか?」と飛び込んでくるのは、実践研修なのだろう。少しずつこなれてくる若者達が葉桜のように真っすぐ伸びていくように、少しでもいい指導におっさんとしては頑張りたいものだが、最近ではなかなか会話が噛み合ないなんて昭和40年男は多い。もっとも僕らもかつては新人類と呼ばれ、何を考えているのかわからんと言われたものだ。

 

 

あれからもう30年近くになる。今じゃすっかりベテランどころか、もうゴールも見えてきたタメ年ばかりだ。いやいや、まだ老け込んではならない。公私ともに新しいことにチャレンジングなおっさんでいましょう。

 

 

 

  1. 2016年 4月 11日 17:53 | #1

    新人類・・・。
    ぼくら世代も結構叩かれましたよね。

    で、そういう自分は今、昭和20年男の大先輩にしごかれています。。。

  2. 僕も同じく昭和20年男に素晴らしい先輩が1人いて、ちょくちょくしごいてもらってます。
    「ケツはかいても義理かくな」と。

    avatar
    プロデューサー