ホーム > 編集部員のぼやき > 【師走突入】食べ過ぎ飲みすぎに注意の季節

【師走突入】食べ過ぎ飲みすぎに注意の季節

2015 年 12 月 1 日 編集部員 コメント

【師走突入】食べ過ぎ飲みすぎに注意の季節

暖簾をくぐることが増える季節。体調管理には気をつけましょう

11月ラストの週末はスポーツが盛り上がりました。フィギュアスケートのグランプリシリーズ・NHK杯では羽生結弦選手が歴代世界最高得点となる322・40をマークし、まさに異次元の滑りを見せてくれました。一方、女子では浅田真央選手が3位フィニッシュ。ジャンプに精彩を欠き、心配する声も聞こえてきます。ただ、復帰したばかりですし、そんなに順風が続くわけもないでしょう。今後は大一番であるグランプリファイナル(10日~バルセロナ)へ向けて、立て直してくれるものと信じています。その浅田選手を抑えて優勝したのは、17歳の宮原知子選手。自信を手にし、大きく飛躍を遂げるかもしれません。

そして、忘れてはいけないのが女子の7人制ラグビー。『サクラセブンズ』こと女子日本代表がリオデジャネイロ五輪の出場権を獲得しました。男子の日本代表は先のワールドカップで躍進し、今や国民的人気を集めていますが、女子にも期待したいところです。

 

アスリートたちの応援をしつつ、我に返って自分のお腹周りを見た昭和40年男も多かったのではないでしょうか。メタボだの血圧だの、50歳は気にしなければならないことがたくさんあります。こたつで丸くなるのは日本の伝統かもしれませんが、まったりとした生活に浸りすぎると体調悪化を招きかねません。なにしろ、もう師走。ただでさえ、食生活の乱れや運動不足を指摘されることの多い昭和40年男の身に、忘年会というハードタスクが加わる季節です。

アスリートのようには動けずとも、やはり何らかの運動を自身に課し、健康維持に努めるべきでしょう。

皆さん、この年末を乗り切り、爽やかに2016年を迎えましょう。そして、新年会で一杯って、やっぱり飲むわけですが…。

 

  

カテゴリー: 編集部員のぼやき
  1. コメントを募集しています。