ホーム > 編集部員のぼやき > 【好評発売中! 昭和40年男 2015年12月号】『夢想花』の衝撃。

【好評発売中! 昭和40年男 2015年12月号】『夢想花』の衝撃。

2015 年 11 月 15 日 編集長 コメント

11月も中旬となり、今年も残すところあと残り1ヶ月半となりました。あっという間どころか、正月を迎えたのがついこの間のような気がしているのに、なんだかなあ。次号はもう年末進行で、その恐怖におののいている今日この頃です。

 

 

さて、そんな本日も最新号について紹介していきましょう。今日は1978年10月開催の第16回ポプコンにおいて『夢想花』でグランプリを獲得した円 広志さんのインタビュー記事です。

 

昭和40年男 円広志

 

この年のポプコン本選の受賞結果を見てみると、優秀曲賞に『傷心』の大友裕子、入賞に『流恋情歌』のチャゲ&飛鳥、『明日への旅立ち』のクリスタルキングらが並び、さらに『夜の雨』で石川優子も出場しているなど、まさに実力派ぞろい。そのなかでグランプリを獲るわけですから、『夢想花』の与えたインパクトはそれはそれは大きなものでした。本誌インタビューに登場してくれたChageさんも「リハーサルであの曲を聴いた時、負けた!と思いましたね」と語っています。また、当時クリスタルキングの田中さんは、この曲に負けたことで闘争本能に日が着いたとまで言っていて、つまり『夢想花』がなければ『大都会』は生まれなかったことになります。それくらい衝撃的だったんですね。

 

 

そんな『夢想花』もわずか15分ほどで完成してしまったというから、これまた衝撃的です。まあ、小坂明子さんの『あなた』や、雅夢の『愛はかげろう』のようにあっという間にできてしまった名曲がポプコンにはたくさんあるので、これはポプコン的には驚くべきことではないのかもしれませんが。この曲について円広志さんは、「ぼくにしてはできすぎた曲ですから、それなりに自身はありましたけど」と語ってくれています。実はポプコン出場前に別のレコード会社からデビューの話もあったものの、それを蹴ってポプコンに出場したという裏話も聞かせてくれました。

 

 

ちなみに、この取材は関西にある円さんのスタジオで行なわれましたが、この日は『なるほど!ザ・ワールド』の取材が夜にあったため、ライター濱口氏は大阪日帰り出張&2本取材という過酷なスケジュールでした。どちらも濱口さんのがんばりのおかげでよい記事になったと思っていますので、そんなことを思いながら両記事を読んでいただければ、さらにうれしいです。

 

 

そんな円広志さんの裏話が読める『昭和40年男』12月号は、現在全国の書店・コンビニで好評発売中です!

 

 

『僕らのポプコンエイジ』開催!

 

ポプコン出身アーティストたちが集まる同窓会イベント『僕らのポプコンエイジ ~Forever Friends, Forever Cocky Pop~』が来年4~5月に開催されます。そこで、本誌のぴあ特別先行販売が設定されることになりました。興味のある方はぜひ本誌と合わせてご予約を!

 

<予約>

 受 付 期 間:11月11日(水)朝11:00~12月13日(日)深夜11:59

 電 話 番 号:0570-02-9502

 特設サイト:http://w.pia.jp/p/bpa-s40m/

 

<開催概要>

■4月29日(金・祝)

 時 間:昼4時開場 5時開演

 場 所:府中の森芸術劇場・どりーむホール

 価 格:全席指定6,800円

 出 演:相曽晴日、石川優子、下成佐登子、スリーハンサムズ(細坪基佳:元ふきのとう/

     中村貴之・平賀和人:NSP)、三浦和人(元雅夢)、渡辺真知子、Chage(五十音順)

■5月14日(土)

 時 間:昼4時開場 5時開演

 場 所:市川市文化会館(大ホール)

 価 格:全席指定6,800円

 出 演:相曽晴日、柴田まゆみ、杉山清貴、鈴木康博、スリーハンサムズ(細坪基佳:

     元ふきのとう/中村貴之・平賀和人:NSP)、谷山浩子、三浦和人(元雅夢)、

     渡辺真知子(五十音順)

■5月21日(土)

 時 間:昼4時開場 5時開演

 場 所:さいたま市文化センター(大ホール)

 価 格:全席指定6,800円

 出 演:相曽晴日、辛島美登里、小坂明子、鈴木康博、スリーハンサムズ(細坪基佳:

     元ふきのとう/中村貴之・平賀和人:NSP)、谷山浩子、三浦和人(元雅夢)(五十音順)

 

 主催:僕らのポプコンエイジ事務局
 後援:TOKYO MX、ニッポン放送
 企画・制作:株式会社ヤマハミュージックパブリッシング、株式会社エピキュラス
 協賛:ヤマハ株式会社

 

 

 

       

カテゴリー: 編集部員のぼやき
  1. コメントを募集しています。