ホーム > 編集部員のぼやき > 【キング・カズ】「11」にこだわっての契約更新

【キング・カズ】「11」にこだわっての契約更新

2015 年 11 月 12 日 編集部員 コメント

【キング・カズ】「11」にこだわっての契約更新Jリーグ・横浜FCは11日、元日本代表FWのカズこと三浦知良選手と来季も契約を結ぶことを発表しましたが、粋なのは発表の仕方。カズの背番号である「11」にちなみに、11月11日の午前11時11分にクラブの公式ホームページを通じて行われたのです。さすが“キング”ですね。

 

野球界では昭和40年男の山本昌さんが今季限りでユニフォームを脱ぐことになり、寂しさを感じている方々も多いと思いますが、我々には来季でプロ31年目、49歳を迎えるカズがいます。たとえサッカーを知らない方でも、49歳でピッチを駆けることの大変さは容易に想像がつくと思いますし、彼のプレーから勇気をもらう人も多いはずです。

 

もうひとつ忘れてはいけないのは、カズは結果も出しているということです。今季、9年ぶりに開幕スタメンを果たすなど、ここまで16試合に出場し、3得点をマーク。6月28日の水戸戦では48歳4カ月2日でゴールを決め、自身が持つJ2最年長得点記録を更新するなど活躍しましたので、来季の契約も実力で勝ち取ったものでしょう。もちろん、本人は今季の成績に満足していないでしょうが、多くのファンは“合格”だと感じていると思います。

 

さらに、48歳のゴンこと元日本代表FW中山雅史選手もJFLのアスルクラロ沼津に所属し、来季もプレーするという報道がありました。

 

彼らより少し先輩の昭和40年男も負けじと頑張りましょう。でも、無理は禁物。急な運動で筋肉を痛めないようにして下さいね。

 

  

カテゴリー: 編集部員のぼやき
  1. コメントを募集しています。