ホーム > 編集部員のぼやき > 【PLAYBOY】まさかのリニューアル

【PLAYBOY】まさかのリニューアル

2015 年 10 月 21 日 編集部員 コメント

PLAYBOY公式サイト

海の向こうから衝撃的なニュース(?)が飛び込んできました。13日付のニューヨーク・タイムズによると、米国の人気男性誌『PLAYBOY』が来年3月からフルヌード写真の掲載をやめるというのです。1953年の創刊以来、同誌を彩った看板企画であり、グラビアに採用されたモデルは「プレイメイト」と呼ばれ、多くの『昭和40年男』を虜にしてきたはずなのに…。

 

ヌード撤退の裏にはやはり、インターネットの存在があります。現在、WEB上には過激な画像や動画が乱立。クリックひとつで何でも見ることができますから、雑誌のグラビア程度では“需要”に応えられないのはわかりますが、やはり少し寂しい気がします。

 

ひるがえって日本の場合はどうでしょうか。『PLAYBOY』にならい、ヌードの掲載を取りやめる媒体が現れるでしょうか。まあ、大丈夫でしょう。なにしろ、日本の雑誌には“袋とじ”という独特の文化がありますから。あの折れ線を破る際のドキドキ感…インターネットを超える興奮でしょう(笑)。掲載回避はない、と見ています。

 

いずれにせよ、時代の節目を感じるニュースでした。

 

 

  

カテゴリー: 編集部員のぼやき
  1. コメントを募集しています。