ホーム > 編集部員のぼやき > つまみを作ろう。(6)

つまみを作ろう。(6)

2009 年 10 月 13 日 編集部員 コメント

 
さて、件のネコ(番長と呼ばれている)は
しばらくは向こうの部屋でおとなしくしていて、
とくに何の問題もなかったが、
やがて美味しいにおいに引き寄せられたのか
厨房へとやってきた。

 

「来た!」
「番長!」
「気を付けて!」
「ウギャー!!」
…などと言うことは起こらなかったのだけど、
狭い厨房の中に4人もいるものだから、
足の踏み場もなく、いつ番長を踏んでしまうか
全員、気が気でない。
何度か蹴っ飛ばして「フーッ!」などと
言われたが、考えてみれば
彼もさみしかったのかもしれない。
「おれも仲間にいれてくれよ」
そう思ったかどうかはさだかではないが…

 

こうしてバタバタの撮影を無事に終了。
あとは記事のできあがりを待つばかりである。
って肝心の原稿はまだでき上がってないのだけど。

 

 
アイロン

 

男4人が集まってなにをしているのか?
これはテーブルに引くクロスにアイロンをかけているのだ。

 

厨房

 

厨房の中にツメツメで入る男3人。ここにもう一人と一匹が常時いるところを想像してほしい。
 

 

番長

 

これが噂の番長。一見かわいい普通のネコだが…
 
犬

 

実は犬も飼ってる編集長。
名前はジャム。
こいつは番長とちがって聞き分けがいい。

 

◆副編集長:小笠原
北海道生まれの35歳。仕事以外にこれといった趣味はないが、最近会社でコーヒーを豆から淹れることを覚えた。よりおいしく淹れるため、試行錯誤するのがちょっとした楽しみの一つになっている。

カテゴリー: 編集部員のぼやき
  1. コメントを募集しています。