ホーム > プロデューサーのつぶやき > 夏に挑む昭和40年男。

夏に挑む昭和40年男。

2015 年 7 月 24 日 プロデューサー コメント

ステージ

 

今日は三重県の鈴鹿サーキットに来ている。バイクのビックイベント『鈴鹿8耐』で、去年に引き続きのカワサキブースでのステージイベントを切り盛りするという大役を仰せつかったのだ。

 

 

解説しよう。『鈴鹿8耐』は2~3名のライダーで交代しながら8時間を走り、もっとも周回の多かったチームが優勝となる。今日はその予選が行なわれていて、上位10チームが最終グリッドを決めるトップテントライアルという1周勝負のタイムアタックが明日行なわれる。この早い順から10グリッドを決めて、日曜日の11時半に決勝のスタートとなる。19時半を過ぎてもっとも早いチームが栄光のチェッカーを受けるのだ。

僕は日頃よりカワサキと共催でイベントを展開していて、そこでも盛り上げ役のMCを務めている。その流れでこの仕事に繋がったのだ。長いことカワサキは参加していなかったレースで、去年電撃復帰した。その前年はこのレースの日にカワサキとウチがやっているイベントの第100回記念開催を神戸で行なった。しかも今日のカワサキチームの両エースをゲストに迎えてトークショーまでやったのだ。「なんか今日は鈴鹿でイベントをやっているみたいですね」と冗談を交わしながらステージで笑いを誘ったのだから我ながらあきれる。

その舌の根の乾かぬうちに、去年はカワサキの勝利を叫び続けた。結果は12位という残念なものだったが、後夜祭に集った多くのファンたちでカワサキの健闘を讃え合い、翌年の勝利を願うめいっぱいのかけ声でイベントの幕を閉じた。この瞬間から今日への戦いが始まったと言っていい。僕が仕事を受けるかはその時点では白紙だったが、せめてもう1回はこの感動を分かち合いたいと思っていたところ声がかかった。50歳を迎える直前の大仕事に燃えないはずがなく、今日より完全燃焼を目指して奮闘する。倒れないように頑張りたい。

仕事をご一緒するのはカワサキのレースクイーン『KAZEギャル』だ。去年もご一緒できたのは左より2人目の神崎さん(明日寄りの写真をアップします・笑)で、あとの3人はこの長丁場は初めてである。気持ちを合わせて頑張ろうと朝のミーティングで檄を飛ばし、最後まで全力でやり切ることを誓い合った。さあ、パワー全開でぶっ飛ばす。もしも50歳直前の完全燃焼を見に来てくれる方がいたら、ぜひブースで声をかけてほしい。お待ちしてま~す。

 

 

  

  1. avatar
    ガイ
    2015年 7月 30日 08:46 | #1

    下から3行目。朝のミーティングで激を飛ばし、
    は、檄を飛ばし、ではないでしょうか?

  2. ご指摘ありがとうございます。

    avatar
    プロデューサー