ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】琳派400年を記念するアートプロジェクトに参加。

【タメ年たちの大活躍!】琳派400年を記念するアートプロジェクトに参加。

2015 年 7 月 19 日 編集部員 コメント

『PANTHEON―神々の饗宴―』パンフレット

『PANTHEON―神々の饗宴―』パンフレット

昭和40年生まれの現代美術家・ヤノベケンジが、7月25日より京都府立植物園にて行なわれるアートプロジェクト『PANTHEON―神々の饗宴―』にてインスタレーションを担当する。

 

京都府文化スポーツ部文化政策課が琳派400年にあたり、琳派の美学を継承しつつ、新たなRIMPAを創造する作品を、京都府立植物園において展覧するというアートプロジェクトが進められている。本展では、京都府立植物園の観覧温室「鏡池」に、神々をモチーフにした3体の巨大彫刻作品(風神・雷神・花の女神フローラ)を展示。ヤノベケンジの他、アートディレクターの増田セバスチャン、ライトアップアーティストの高橋匡太という3人のコラボレーションによって演出されるという。

 

PANTHEON―神々の饗宴―

 会  期:7月25日(土)~10月25日(日)
 会  場:京都府立植物園 観覧温室前「鏡池」
 開園時間:朝9:00~昼5:00
 入園料 :一般200円/高校生150円/中学生以下 無料
 展示プログラム:
  序章「雷神―黒い太陽」5月26日(火)設置中
  1章「フローラ降臨」 7月25日(土)より
  2章「風神の塔」 8月中旬より
  最終章「New Generation Plant」 9月中旬より

 

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

   

  1. コメントを募集しています。