ホーム > 編集部員のぼやき > 【ついに発売! 昭和40年男 2015年8月号】牛島の心の変化を追った。

【ついに発売! 昭和40年男 2015年8月号】牛島の心の変化を追った。

2015 年 7 月 11 日 編集長 コメント

いよいよ昨日発売となった『昭和40年男』8月号。各種SNSでもたくさんの入手報告をいただいています。本誌で取り上げた物や事についての当時のそれぞれの想いが、今の力に変わればうれしいです。

 

さて、本日も最新号を紹介しましょう。昨日もブログに掲載した通り『夢、あふれていた俺たちの時代』では1986年(昭和61年)の出来事を取り上げています。その一つが当時ロッテにいた落合選手の中日へのトレードです。野球ファンなら誰もが驚く1対4のトレードでした。その4人の1人が、当時中日のリリーフエースとして活躍していた牛島和彦選手で、彼だけがトレードの返答を48時間に渡って保留したのです。

 

昭和40年男 牛島

 

もちろん、トレード要員も断る権利はありますが、それは引退を意味していました。つまり、引退するか、トレードを受けるかの2択ということです。本記事では牛島氏本人に当時のお話をじっくりうかがっています。一時は完全に引退へと傾いていた牛島選手の気持ちは、どのようにトレード受け入れへと動いたのか。複数の取材で明らかにしています。

 

当時のトレードを覚えているなら楽しんでもらえるはず! ということで昭和40年男最新号は発売中! ぜひ書店で手にとって見てください。

 

 

 

カテゴリー: 編集部員のぼやき
  1. コメントを募集しています。