ホーム > プロデューサーのつぶやき > 宮城県の片隅にて踏ん張る昭和40年男。

宮城県の片隅にて踏ん張る昭和40年男。

2015 年 6 月 28 日 プロデューサー コメント

菅生今日は宮城県に来ている。昨日は夕方まで福岡にいて、飛行機でドバビューンとオフィスに戻った。わずかな眠りの後、会社のハイエースに乗り換えて夜中に出発して7時過ぎに到着したここは『スポーツランドSUGO』だ。昨日は海岸清掃をして、今日は全日本ロードレースの取材である。

カワサキを背負って、日本の頂点を目指す若きエースライダーの渡辺一樹選手と仕事をご一緒するようになって3年目になる。イベントのトークショーを展開している相手が息子より年下というのはちっょと驚きだ。結婚が早かったこともあるが息子は昭和生まれで、渡辺選手は今年25歳になるバリバリ(!?)の平成生まれだ。そんな歳なんだな50歳ってのは(泣)。

プレスルームこのサーキットは今日初めて訪れた。なにごとも“初”ってのはワクワクするもので、昨日の疲れは体に重たく残っているものの、このワクワクがずいぶん助けてくれている。会場内を物色するように歩いて回り、一息ついた現在プレスルームである。この後は渡辺選手のトークショーがあり、僕じゃないMCの方とどんなやり取りをするか楽しみだ。きっといい勉強にもなるだろう。その後、予定通りに進めば13時10分に彼の戦いが始まる。今日は全日本選手権の第4戦で前半戦を終える大切なレースだ。今年のチャンピオン、すなわち念願の日本一のライダーへ向けて極めて重要なレースだ。絶好調でポイントリーダーのヤマハの中須賀選手が昨日の予選でポールポジションを取っていて、今日勝つと後半戦はずいぶんラクになる。つい先日に行なわれたイベントのトークショーでも、この第4戦は何としても止めなければと話していた。
「土曜日の飛行機がちゃんと飛べばSUGOに行くから、プレスルームで会おう」と握手を交わしたのが2週間前の日曜日である。レース終了後にこの席の真ん中に彼が座っていること、つまり優勝を願うばかりだ。

疲れ果てた僕をもっと疲れさせるのか? はたまた勝利の美酒で騒ぎ疲れてしまうのか。いずれにせよ、シンドイことには違いない(笑)。

 

 

  

  1. avatar
    浅野
    2015年 6月 28日 12:54 | #1

    東へ西へ、お疲れ様です(^^ゞ
    私も宮城の北の外れです。
    雨だね(*_*)
    やっぱりベテランライダーが有利なのかな?
    応援頑張って(^-^)/

  2. 昨日は寒い東北だったようですね。宮城県の菅生は6月とは思えない中で、レースも冷え込んでしまいました(泣)。

    avatar
    プロデューサー