ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】岡村靖幸が『東京音頭』をプロデュース。

【タメ年たちの大活躍!】岡村靖幸が『東京音頭』をプロデュース。

2015 年 6 月 19 日 編集部員 コメント

 木津茂里×岡村靖幸 『東京音頭』

木津茂里×岡村靖幸『東京音頭』 品番:UBKA-9001/価格:1,389円(+税)/発売元:Tuff Beats / V4 Record/販売元:Space Shower Networks Inc.

昭和40年生まれのミュージシャン・岡村靖幸が民謡歌手・木津茂里の7インチアナログ盤『東京音頭』をプロデュースした。7月8日にリリースされる。

 

同曲は、岡村のプロデュースによって昨年10月にリリースされた1stフルアルバム『SHIGERI BUSHI』に収録されたもので、今回、岡村によってリ・プロデュースされることになる。盆踊りの定番曲である『東京音頭』がダンスチューンに生まれ変わっているという。

 

木津茂里は「太鼓を打ちながら唄う」という独自のスタイルで日本のルーツミュージックである民謡を世界に向けて発信する民謡歌手・太鼓奏者。津軽三味線の重鎮、澤田勝秋師と「つるとかめ」というユニットを組み、これまでに3枚のアルバムをリリースしている。2011年より、定期的にソロライブを行ない、海外公演は数十ヶ国に及んでいる。

 

一方の岡村は、渡辺美里、吉川晃司などへの楽曲提供を経て、86年『Out of Blue』でデビュー。様々な音楽のエッセンスを吸収、発展させたトラックや、青春や恋愛の機微を描いた瑞々しいワン&オンリーな歌詞が高い支持を得ている。

 

両者のコラボによってどのような東京音頭に仕上がっているのか、興味深い。

 

 

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

      

  1. コメントを募集しています。