ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】ナガオカケンメイが民芸について語る。

【タメ年たちの大活躍!】ナガオカケンメイが民芸について語る。

2015 年 5 月 1 日 編集部員 コメント

ナガオカケンメイ

本誌VOL.9に登場してくれたナガオカケンメイ

昭和40年生まれのプロダクトデザイナー・ナガオカケンメイが、6月28日(日)に大阪府にある国立民族学博物館で講演会を行なう。

 

講演テーマは「ロングライフデザインと民芸」。ロングライフデザインを自身の活動テーマとしているナガオカが、地域に密着した民芸についてどのように語るのか。

 

 

 

 

記念講演会「ロングライフデザインと民芸」
 日 時:6月28日(日)昼1:30~3:00
 会 場:国立民族学博物館・第5セミナー室
 住 所:大阪府吹田市千里万博公園10-1
 聴講料:300円(民芸館入館料が別途必要。呈茶券付きは700円)
 定 員:100名(※要予約)

 

ナガオカケンメイは、日本デザインセンター、原デザイン研究所を経て2000年に、ロングライフデザインをテーマとしたストア『D&DEPARTMENT』を開始。60年代の廃番商品をリ・ブランディングするプロジェクト『60VISION』を発案し03年度グッドデザイン賞川崎和男審査委員長特別賞を受賞している。また、日本のデザインを正しく購入できるストアインフラをイメージした『NIPPONPROJECT』を47都道府県に展開し、現在全国10店舗を運営する他、旅行文化誌『d designtravel』の刊行やデザインミュージアム『d47museum』も企画している。

 

 

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

 

 

  1. コメントを募集しています。