ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】ブルーアイドソウルの解説書が発売。

【タメ年たちの大活躍!】ブルーアイドソウルの解説書が発売。

2015 年 4 月 12 日 編集部員 コメント

ブルー・アイド・ソウルの宝石箱

『ブルー・アイド・ソウルの宝石箱』 木村ユタカ著
判型 :A5判 全208ページ/定価:2,160円/発売:3月30日/発行:シンコーミュージック・エンタテイメント

昭和40年生まれの音楽ライター・木村ユタカの最新刊『ブルー・アイド・ソウルの宝石箱』が発売されている。

 

木村は、大手レコード店のバイヤー、マネージャー、マーチャンダイザーを経て、2000年に音楽ライターの道へ。1950年~60年代のアメリカンポップスを軸に、ロック、ソウル、日本のポップスなどについて、音楽誌やライナーに原稿を寄せてきた。本誌でもシティポップ特集などで執筆・監修を務めた他、現在は連載記事『洋楽追想記』を担当している。

 

そんな木村の最新刊となる本書。「ブルーアイドソウル」とは、ブラックミュージックを、白人が愛情と共に独自の解釈を加えて表現する音楽を指す。明確な定義をしにくいせいか、これまで論じられる機会の少ないジャンルだという。『ナイアガラに愛をこめて 大瀧詠一ルーツ探訪の旅』や『ディスク・コレクション ジャパニーズ・シティ・ポップ』などを著した木村が、じっくりと読ませる概論とディスクガイド、貴重な写真などで構成された、ブルーアイドソウルの貴重な解説書となっている。

 

<目次>

 第1章 ブルー・アイド・ソウルの胎動
 第2章 ブルー・アイド・ソウルの誕生
 第3章 英国ビート・バンドとブルー・アイド・ソウル
 第4章 アメリカ南部のブルー・アイド・ソウル
 第5章 70年代前半のブルー・アイド・ソウル
 第6章 70年代後半のブルー・アイド・ソウル
 第7章 80年代以降のブルー・アイド・ソウル

 

<主要掲載アーティスト>
 ディオン・アンド・ザ・ベルモンツ
 ザ・トーケンズ
 ザ・フォー・シーズンズ~ランキー・ヴァリ
 ザ・ライチャス・ブラザーズ
 ミッチ・ライダー&ザ・デトロイト・ホイールズ
 ザ・ラスカルズ/フェリックス・キャヴァリエ
 ジ・アニマルズ
 ザ・ビートルズ
 ザ・スペンサー・デイヴィス・グループ~スティーヴ・ウィンウッド
 ジョージー・フェイム
 ザ・ローリング・ストーンズ
 スモール・フェイセス
 ロッド・スチュワート
 ゼム~ヴァン・モリソン
 ザ・ヤードバーズ
 ザ・バンド
 ボビー・チャールズ
 ドクター・ジョン
 エディー・ヒントン
 ドニー・フリッツ
 ダン・ペン
 レオン・ラッセル
 B.J.トーマス
 トニー・ジョー・ホワイト
 アヴェレージ・ホワイト・バンド
 ジョー・コッカー
 アル・クーパー
 キャロル・キング
 ローラ・ニーロ
 ビー・ジーズ
 ロバート・パーマー
 ボズ・スキャッグス
 スティーリー・ダン
 ザ・ブロウ・モンキーズ
 エルヴィス・コステロ
 ホール&オーツ
 ビリー・ジョエル
 シンプリー・レッド
 ザ・スタイル・カウンシル
 ジャミロクワイ
 エイミー・ワインハウス
 イーライ“ペイパーボーイ”リード  他

 

 

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

 

     

  1. コメントを募集しています。