ホーム > プロデューサーのつぶやき > おっさんの覚悟!!

おっさんの覚悟!!

2015 年 4 月 10 日 プロデューサー コメント

イベントは集合写真の撮影で終る。このときの笑顔が多ければ多いほど僕は安堵する

去年12月に福岡で行なわれた『カワサキオーナーズU29ミーティング』での集合写真だ。毎度撮影は終了間際で、このときの笑顔が多ければ多いほど僕は安堵する

今年何発目になるだろう、今日よりまたまた出張だ。西へと出かけて諸々の打ち合わせをこなし、夜はお楽しみの読者ミーティング『大阪ミナミ秘密基地』だ。初の金曜日開催に、どんな出会いがあるだろうかと期待で胸いっぱいである。明日も打ち合わせを何本かこなし神戸へ移動して、日曜日にぶちかますのはカワサキと共催のバイクイベントで、29歳以下の若いライダーを対象とした『カワサキオーナーズU29ミーティング』だ。僕は進行とMCを担当して、上から目線で若者たちに説教する。翌朝は東へ戻りながらクライアント巡りしてそのまま『浅草秘密基地』に滑り込むという、なんとも幸せな週末である。こんな感じで過ごす週末がビッシリと詰まっている。

20年近くこなしているイベント仕事は、年々重要度が増している。出張してまで人と会うのも同じく、スピードが増すばかりの現代社会において意義の明確化が進んだように思う。双方に共通しているのは、顔を突き合わせてのリアルコミュニケーションということ。さまざまなコミュニケーションが充実していくおかげでリアルの価値も高まった、いい相乗効果と言っていいかもしれない。ちなみに、先日行なわれた日本最大のバイク見本市『東京モーターサイクルショー』は過去最高の13万人を動員した。バイク人口は下げ止まったとはいえ、以前と比べるとずいぶん減っているにも関わらずだ。

一方で、同じリアルコミュニケーションといっても酒席の重要度は下がっている昨今である(悲)。4月は歓迎会が多く開催されているだろうが、嫌う若者たちが多いと聞く。確かにハラスメントまがいの発言が横行してしまい、若者にとっては楽しくない場面が多いだろうが、僕にとっては違和感が強い。僕は先輩から誘われたらほぼ断らずに出かけた。理不尽な席をいくつもこなしながら成長してきた。女房子供にはつらい思いをさせた典型的な仕事マンだが、おかげでたくさんのことを学び、仕事にもおおいに役立っている。そういえば最新号のインタビュー企画『ガツンとひと言。兄貴の説教』に登場いただいた松尾スズキさんのページで、僕は酒を飲まない人とはお付き合いができないとの言葉があった。深く深~く頷く僕はまったく同じで、飲めない若者から見たら最悪のおっさんかもしれない。

わかっちゃいるが若者に迎合するつもりはまったく無く、堂々と酒席に誘う。嫌われたら断られるだけで、自分をキチンと見せないで付き合うことは失礼だと思っている。おっさんはおっさんらしくいる。そんな僕が若いライダー向けにイベントの進行をさせてもらっているのは、わりといい気分だったりする。さあ、この出張もいい成果をあげるぞ。

 

 

  

  1. avatar
    レオ貴
    2015年 4月 10日 15:33 | #1

    前略、編集長様。私、21世紀中年として此の頃感じたのですが、私の住む地域のTV・CMでカワサキグリーン店会のCMが流れなくなって久しいと。それどころか、ホンダウイング店会のCMもひそかに流れなくなった。3月4月は新入学・新社会人の季節で、スクーターのCMなどが盛んに流れていたのは、十数年前までのこと。
    若者のバイク離れでしょうか?ちなみに私は免許無いです。w
    中年のバイクガエリ?定年後のバイクガエリ?程度でしょうか?
    ビッグスクーターブームは今?
    30歳代半ばに自動二輪の免許を取ろうと考えましたが、実行に移せずおざなり。w
    自動車免許で乗れるもの(ノーヘルOK)の出現に期待!(甘いですけど)

    スポーツカー、オートバイ、ブームが来ないうちは景気回復とは思えませんね!

  2. 俺たちの原チャリ原風景と比べると、ずいぶんとおとなしくなってしまいました。マダムたちの買い物の足もすっかり軽に奪われ、原チャリはツライです。
    時速30㎞しか出せないまま止まっている、制度の方に問題があると思いますが。まさしく規制による停滞です。

    avatar
    プロデューサー