ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】江戸の暮らしについて学ぶ。

【タメ年たちの大活躍!】江戸の暮らしについて学ぶ。

2015 年 3 月 12 日 編集部員 コメント

バシビト 熈代勝覧と絵で見る江戸の商人クラス 日本橋 街大學

日本橋 街大學 公式サイト

昭和40年生まれの江戸研究科・善養寺ススムが、江戸のくらしについて解説する入門講座『熈代勝覧と絵で見る江戸の商人クラス』の講師を務める。

 

江戸時代から五街道の起点として人や物や情報が行き交い、商業・文化の中心として栄えた街・日本橋につくられた学校が日本橋 街大學だ。日本橋三越本店が主催しており、歴史や食、スポーツや語学など、さまざまなジャンルの講座が用意されている。その一つとして開かれるのが本講座だ。

 

日本橋は魚市だけでなく青物市もあった? 陣笠問屋に合羽問屋は何を売る店? 町駕籠、六十六部、棒手振、たが屋、蕎麦屋の出前、それぞれどんな仕事なのか? 江戸の人々と暮らしについて学ぶのが本クラスとなっている。残念ながらすでに受付は終了しているが、江戸の庶民の暮らしがどのようなものであったのか、興味をそそる。今の我々の生き方にも活かせるような学びがあるかもしれない。次の機会があればぜひ参加してみてはいかがだろう。

 

<日本橋楽部 [バシビト]熈代勝覧と絵で見る江戸の商人クラス>
 講 師:善養寺ススム
 日 程:3/12(木)~全1回 (夜講座 19:15-21:15)
 学 費:7,560円 (テキストとして『絵でみる江戸の町とくらし図鑑』付)
 場 所:日本橋三越カルチャーサロン
 定 員:30名

 

講師を務める善養寺ススムは、江戸260年間に育まれた「江戸の間思考(ましこう)」を研究。時代小説のお供にシリーズ『江戸の用語辞典』『江戸の町とくらし図鑑』『江戸の人物事典』『江戸の女子図鑑』の他、『カジュアル着物ブック』『東海道中栗毛弥次馬と江戸の旅』を執筆している。イラストレーターとしても活動中だ。

 

 

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

     

  1. コメントを募集しています。