ホーム > プロデューサーのつぶやき > スマホとおっさん。

スマホとおっさん。

2015 年 3 月 5 日 プロデューサー コメント

携帯夕べの帰宅時の話だ。電車に乗って座ると、向かい側の席にビッシリ埋まった全員がスマホをいじっていた…。なんて光景に、少し前に感じた恐怖心や気持ち悪さが軽減されていることに気付いた。我ながらずいぶんと慣れたのだな。呑んでいる時になんの断りもなくスマホをのぞき込む若者たちにも、説教しなくなった。誰も彼もがそうしているから、そんなことに気分を害してしまう自分の方がおかしく思えてきた。カラオケで歌っている前でいじり始められた時は、演奏を中止してやったが(笑)。ともかく、ここまで世の中が変わるなんて想像していただろうか。

子供の頃描いた2015年はどんなものだったか。都市には透明のパイプが張り巡らされていて、その中を自動車みたいなのが飛んでいる。宇宙にも人が住んでいて、タイムマシーンがそろそろ完成間近だ。なんて、そんな暮らしをする人々は、想像の中でみんな楽しそうだった。小さな端末をしかめっ面で眺めている人間なんかいなかった。ましてや電車に乗って向かいに座っているすべての人がそうしているなんて。幼少の頃の僕が、これこそ未来だと見せられていたらこんな明るいバカ人間には育っていなかっただろう。大きく人生を揺さぶられたはずだ。現在の子供たちが見る夢が、もし小さな箱の中にあるとしたらまずいのではなんて思いながら、逆に言うと、パイプの中の移動や宇宙への希望、タイムマシーンがこのバカモノを作り上げたのかと言えばそんなことはない。うーむ、たいしたことはないかもしれんなと考えながら、僕はといえば業界発展のために雑誌を広げていた(笑)。だが夕べのそれは頭に入らず、ずーっとこの光景について思考のループにハマってしまい、もちろん答えなんか出なかった。

便利になった。僕もスマホは2台目のコイツを使い始めて1年以上が経つ。だが初めての携帯はものすごく抵抗があった。なんでどこでもいつでも呼び出されなけりゃならないんだ。それまでの仕事人生でキチンと定期連絡は身につけていたし、上司から最初にしつけられたことだった。公衆電話はどこにでもあるから不便なんか感じたことはなかった。だが携帯があたり前になっていた当時、周囲にとってはとんでもないことだったらしく、会社の会議で頼むから持ってくれと嘆願されて受け入れた。使ってみれば便利便利。仕事が速くなったし「なんで今まで持っていなかったんだ」と、それまでの自分を責めたほどだった。

最近ではPCも常に持ち運ぶようになったから、ホントにいつでもどこでも仕事ができる。僕の類いの仕事では、量を飛躍的に増やすことが出来る環境になった。たとえば、かつて出張の新幹線は読書か睡眠不足解消の時間だったのが、今やモバイルオフィスだ。先日の出張時に切符の確認に来た車掌さんは「お忙しいところスミマセン」だって。こんなコミュニケーションが電車で交わされるなんて、これまた幼少時の未来予想にはなかった。

飛躍的に便利になったことに感謝しつつ、なんともいろんなことが引っかかってしまうのは、僕が古い人間だからだろう。どんなに慣れたとはいえ、携帯のマナーには気分が悪くなることが多い。少なくとも、呑んでいるときにいじる時はひと言断る人間でいよう。おっさんはおっさんらしい、スマホとの付き合いを続けたい。

 

 

 

  1. 2015年 3月 5日 22:13 | #1

    僕はいまだにガラケーです。しかも会社から持たされてるやつ。
    家族みんな携帯持ってるのに、僕一人会社から支給された携帯。

    僕は基本、電話は受けるのもかけるのも苦手だ。
    プライベートで自分から電話をかけることはまずない。

    以前、家に電話もせずに飲み歩いて、携帯にも出ないので
    カミさんが警察に捜索願を出したこともあったくらいで・・・

    あん時は中州の交番のおまわりさんから携帯に電話が
    かかってきてこっぴどく怒られたなぁ。

    スマホは確かに便利で欲しいと思うこともあるけど、友人や
    大切な人たちと一緒にいる時には邪魔なんだよね。
    ついついいじりたくなるのはわかるんだ。

    僕もチョッとだけ古い人間。
    誰かと一緒にいるのにお互いにスマホいじってるなんて・・・
    そんなんだったら一緒にいる意味がない。

    そんな風になりたくないから僕はスマホを持たない。
    編集長がかつて感じた恐怖心や気持ち悪さを僕は今でも感じる。
    違和感・・・・ですね。

    個人主義もいいけど、もっとみんな絡もうよ!
    古いと笑われようが、うざいと疎まれようが、
    おっちゃんはコミュニケーションが大切だと叫びたい!

  2. そうです、まさしくその通り! 僕も人といる時は極力遠ざけてしまいます。「ちょっとごめん」とたまにチェックしてまずいのは対応する。人とコミュニケーションしている空気ってすごく大切で気持ちいいから、少しでもおざなりにしたくない。ごく稀にいる嫌なヤツは別だけど(笑)。

    avatar
    プロデューサー
  3. avatar
    ca-ni
    2015年 3月 6日 05:38 | #2

    オレも混雑する電車内、スマホで必死にツムツムしてる若い奴なんかを見ると苛つくんですが、考えてみるとウォークマン聴きながらマンガひろげて電車に乗っていた10代の我々を、戦中派〜団塊世代の皆さんは、きっと苦々しく見ていたんでしょうね(^_^;)
    スマホ世代は将来何に苛つくのでしょうかねぇ(笑)

  4. アハハ、おおっしゃるとおりですな。僕らがくそガキの頃はマンガが一番売れてた時代でしたものね。

    avatar
    プロデューサー