ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】伊勢丹新宿店でハコスコ体験。

【タメ年たちの大活躍!】伊勢丹新宿店でハコスコ体験。

2015 年 1 月 24 日 編集部員 コメント

SHINJUKU Jump & Shopping collaborate with ハコスコ昭和40年生まれの脳科学者・藤井直敬が展開するダンボール製VRビューワー『ハコスコ』が伊勢丹新宿店にて開催予定の『DIGITAL LIFESTYLE 2015 TOKYO』に出展される。

 

本展は、auと伊勢丹新宿店による期間限定のプロジェクトとして、デジタルとファッションを掛け合わせた新しい「モノ」「コト」の体験を伊勢丹新宿店の3フロアで体感できるイベントとなっている。

 

 

 

『ハコスコ』は脳科学者・藤井直敬が開発したVRビューワー。VRとは仮想現実のことで、VRビューワーとは、ゴーグルのように顔に固定して使用するHMD(ヘッドマウントディスプレイ)に頭(顔)の動きに表示が追従する特徴をもたせたものだ。HMDは、一般に高価で装置も大掛かりだが、『ハコスコ』はダンボール製の筐体に専用アプリをインストールしたスマホを装着する、非常に簡単なつくりのため1,000円という低価格を実現。この低価格性、取扱いの容易さと体験の異次元性が話題を集めている。

 

SHINJUKU Jump & Shopping collaborate with ハコスコ

 

この『ハコスコ』を体験できるのが同展の『SHINJUKU Jump & Shopping collaborate with ハコスコ』。伊勢丹新宿店とau SHINJUKUをジャンプで移動したり、その場にいながら伊勢丹新宿店をウインドーショッピング、ANREALAGEのファッションショーなど臨場感たっぷりの映像体験を楽しめるという。

 

DIGITAL LIFESTYLE 2015 TOKYO
SHINJUKU Jump & Shopping collaborate with ハコスコ
 日時:2月11日 (水・祝) ~ 2月16日 (月)
 会場:au SHINJUKU (東京都新宿区新宿3-25-1)
    伊勢丹新宿店 (東京都新宿区新宿3-14-1)
    ※ハコスコは本館2階=センターパーク/ザ・ステージ#2に展示

 

 

 

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

 

     

  1. コメントを募集しています。