ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】話題の映画で辻野孝明が衣装を担当。

【タメ年たちの大活躍!】話題の映画で辻野孝明が衣装を担当。

2015 年 1 月 15 日 編集部員 コメント

正しく生きる

『正しく生きる』フライヤー

正しく生きる

『正しく生きる』フライヤー

昭和40年生まれのデザイナー・辻野孝明が、映画『正しく生きる』にて衣装を担当した。

 

辻野はマロニエファッションデザイン専門学校卒業後、やまもと寛斎のアシスタントを経て95年に独立。同年からから07年までキース・リチャ-ズに衣装を製作したほか、LOVE PSYCHEDELICO、ジョニー大倉、長渕剛らミュージシャンの衣装を担当してきた。近年は林海象監督『LOST ANGELS』、『探偵事務所5京都編』、『彌勒 MIROKU』といった作品で衣装を担当している。

 

今回担当した映画『正しく生きる』は、京都造形芸術大学の学生とプロのスタッフ・キャストがタッグを組み製作する北白川派映画運動の第5弾作品。岸部一徳演じる美術家が、放射性物質を組み込んだオブジェを制作展示し、無差別テロを画策するという物語を軸に、現代が抱える様々な闇を描いた群像劇。柄本 明、宮崎 将らプロの俳優と共に、学生たちが重要な役を演じる。3月7日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー予定。

 

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

 

  1. コメントを募集しています。