ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】貴重なコレクションがオークションに!

【S40News!】貴重なコレクションがオークションに!

2015 年 1 月 15 日 編集部員 コメント

06年に行なわれた『第一回ワールド・ベースボール・クラッシック』日本代表の王 貞治監督のサイン入りユニフォーム

現役時代、長嶋茂雄が一時期愛用していたスポルディング社製のグラブ

現役時代、長嶋茂雄が一時期愛用していたスポルディング社製のグラブ

力道山のリアルフィギュア

力道山のリアルフィギュア

モハメド・アリのサイン入りグラブ

モハメド・アリのサイン入りグラブ

アイルトン・セナのグローブ

アイルトン・セナのグローブ

スポーツコレクターで、『スポーツ・ミュージアム山田コレクション』を運営していた故山田勝三が保有している品のネットオークションが開催されている。

 

『スポーツ・ミュージアム山田コレクション』とは、福井県の実業家・故山田勝三が自身の邸宅を改造し、2007年に開館したミュージアムである。長嶋茂雄グッズのコレクターとして知られていた山田の野球関連品を中心に、サッカー、ゴルフ、F1、バスケなどさまざまなスポーツの有名選手の愛用品やサインアイテムなどが展示されていた。その他、銀幕スターや芸能人などの貴重なアイテムも多数存在しており、コレクションの総数は1万点以上にもなる。残念ながらミュージアムは山田の逝去により、惜しまれつつ2013年に閉館している。

 

そのコレクションと彼の遺志を引き継ぎ、スターの功績を広く後世に伝えるべくスタートしたのが、この一般参加型のプレミアムネットオークション『Yokocho Premium Auction 山田コレクション』である。すでに展示されていた貴重なアイテムの品々が次々とオークションにかけられている。

 

野球関連は、O・Nをはじめ、メジャーリーガーを含む数々の名選手たちのグッズがそろう。たとえば06年に行なわれた『第一回ワールド・ベースボール・クラッシック』時の王貞治監督のサイン入りユニフォームや、長嶋茂雄が現役時代に一時愛用していたスポルディング社製のグラブの他、掛布雅之が愛用していたバットグリップ削りナイフなど珍しいものも多数。垂涎ものの品々ばかりだ。

 

またプロレスファンが多い読者にぜひ紹介したいのが、プロレス関連グッズだ。ミル・マスカラスの弟、ドス・カラスのマスクや、力道山のリアルフィギュアなど、レアなアイテムがそろっている。

 

すでに始まっているオークションは3月まで定期的に開催される。昭和レトロものやおもちゃ、音楽関連なども充実しているので、オークション会場をのぞいてみるだけでも楽しいだろう。手に入れたい一品に出会うかもしれない。

 

 

*オークションに参加するには…

まずは公式サイト『Yokocho』の会員登録が必要となります。

 

 

 

カテゴリー: S40ニュース!
  1. コメントを募集しています。