ホーム > プロデューサーのつぶやき > 表紙で振り返る2014年。その六。どれもこれも持っていなかったおもちゃ特集!!

表紙で振り返る2014年。その六。どれもこれも持っていなかったおもちゃ特集!!

2015 年 1 月 5 日 プロデューサー コメント

ブログ特別企画の『表紙で振り返る2014』もこれでおしまいだ。今日が仕事始めの方々が多いなか正月ボケブログのようで恐縮だが、いかせていただく。現在のところ最新号となるおもちゃ特集の表紙だ。

 

 

1411_昭和40年男vol28

 

カメラマンには、変身ベルトをカッチョよく撮影してほしいと伝えた。かつてマブチモーターを表紙で取りあげたことがあって、あのイメージなんだと。「写り込みバシバシでお願いします」とも伝えた。あがった写真をみて小さなガッツポーズをつくった僕だ。

 

 

こうなると前々号のマジンガーZ同様、文字は極めてシンプルに勝負したい。昭和40年男にとって、キング・オブ・おもちゃは『仮面ライダー 変身ベルト』と『超合金 マジンガーZ』だろう。スーパーロボットの特集のときに超合金をガーンと使っていなかったら大いに迷ったかもしれないが、結果としては絞れてよかったかもしれない。どちらも甲乙付け難いが、この雰囲気にはならなかったと思う。

 

 

めくるたびに声が出てしまう博物館系特集で、理屈抜きに楽しくできあがったと思う。僕自身もページを眺めながらあの日にフラッシュバックして、仲間と夢中になって遊んだ日々を思い出したが、ふと気が付いてしまった。この特集は昭和40年男なら親しんだであろうおもちゃをセレクトしたはずなのに、僕が所有していたのはポケットメイトのシリーズ番号1番『野球ゲーム』だけだ。後はすべて友人が持っていたもので遊ばせてもらったもの、もしくは憧れながら眺めていただけのものだ。ああかわいそうな俺の幼少期と、悲哀に浸ってしまった(笑)。

 

 

この表紙も評判よく、2014年の6冊ともバカバカしくもすばらしい表紙ばかりが並んだ。今年も乞うご期待で、明日はこの流れを利用して10日発売号の表紙を発表しようと思う。今年1発目もきっとビックリするはずだぞ。

 

 

さて、ここでお知らせです。読者ミーティング『浅草秘密基地』は、本日今年の第1回目を堂々開催する。正月ボケから抜け出たい方。もう少しぼけていたい方もぜひ参加して、大新年会といこうじゃないか。待ってるぞ!!

 

 

 

  1. avatar
    レオ貴
    2015年 1月 6日 01:33 | #1

    >超合金 マジンガーZ

    編集長様!マジンガーZだったら、ジャンボ・マシンダーでしょう!!
    俺、駄々こねて買ってもらいましたよ。w 隣の1歳下の奴が持ってって、欲しくって。ww
    自分の小遣いでは、オプションのウイング?を買って、胴体にドッキングしました。
    隣の1歳下の奴は、アトミックパンチができるオプションを買ってもらって、見せびらかしてきました。
    ウチはプチ貧乏だったので、いつも後追いでした。買ってもらえない方が多かったですが。
    ジャンボ・マシンダーはクリスマスかな?よく思い出せません。w

  2. プチ貧乏っておもしろい言い方ですね。僕もきっとそうでした。でもあの頃はその層が一番多かったのかもしれませんね。

    avatar
    プロデューサー