ホーム > プロデューサーのつぶやき > ぶら下がり続けた1年。

ぶら下がり続けた1年。

2014 年 12 月 17 日 プロデューサー コメント

a6ee9ee0b3f467958d324123aa148158-400x309去年の終わり頃からボチボチ始めたぶら下がりを、今年はほぼ習慣化することに成功した。家の前にある公園のブランコのフレームに「エイヤッ」と飛んでつかまり、落ちるまで頑張る。こんなことを始めようと思ったのは、身長が高校時代と比べて5センチ近くも縮んでいて、素人の勝手な理屈では背骨の間が狭くなっているからだろうとした。加えてひどい腰痛に苦しんでいて、なんとかせねばならぬと思っていたところ、ある日の散歩でこのブランコに飛びついたらこれがものすごく気持ちよかった。ギシギシと背骨が伸びる感覚を覚えたのだった。

僕は団地住まいで、新聞は1Fのポストまで取りにいかなくてはならず、そのついでにぶら下がることにしたのだ。始めて約3ヵ月後にあった健康診断では身長が3㎜延び、さらに続けていると悩み続けていた腰痛がほぼ気にならなくなった。こいつは素晴らしい効果だと、ぶら下がり健康器を購入してベランダに設置した。それでも朝はブランコまで出かけて行く。朝の空気を吸い込むのは気持ちがよく、1日の活力になる。1日を終えて帰宅すると、ベランダから夜景を眺めながらぶら下がる習慣もついた。出張や泊まりの仕事が多く、また帰宅時はヘベレケだったりするから毎日必ずというわけではないが、平均すればおそらく週に10回程度はブラブラしている。

長い出張から帰るとベランダに直行する。初めてブランコのフレームにぶら下がった時のような、ギシギシと背骨が伸びる感覚を味わう。「気持ちいい~」と、声に出てしまう程の快感なのだ。49歳にしてこれを習慣化できたことは、ちょいと大げさなようだが今後の人生に大きなプラスになった気がする。来年は『昭和40年男』オリジナルのぶら下がり健康器でも作ろうかな(笑)。

そして、1年間続けてきて今楽しみなのが、年明けの健康診断だ。背がどのくらい戻っているか。それと、朝食後にぶら下がりにいっているのはいわば食後の散歩で、血糖値の低下に繋がるらしい。ちょい高めの僕だからこの効果も期待したいところだ。と、ロックンローラーの僕らしくないことをつぶやいているのはカッコ悪いが、来年50歳なんだから仕方ないよな。

 

 

  1. 2014年 12月 17日 21:58 | #1

    ぶら下がり健康器かあ、いいかもしれない(^▽^)
    ぶら下がるのに飽きちゃったら洗濯物干せるしねw

  2. avatar
    B太(中)
    2014年 12月 18日 16:10 | #2

    えっ?!5cm近く縮んだ背が3ヶ月ぶら下がって3cmも戻ったの!
    、、、と思ったら3mmでしたね(^^)。
    海外駐在で極度の運動不足なのですが、会社以外にぶら下がるものを
    みつけて、丸くなり始めた背中を矯正したいもんだニャー(元々猫背)

  3. そんなんですよca-niさん。でも物干竿にするのには高すぎるから、ぶら下がりましょうね。

    avatar
    プロデューサー
  4. B太さん、オススメですよ。僕も猫背気味だから、きっと未来に向けていい習慣になったと思っています。『昭和40年男』オリジナルバージョンをどうぞお待ちください(笑)。

    avatar
    プロデューサー